logo

最新のアドフラウドに関するレポートを発表

AppLift 2017年08月22日 11時30分
From PR TIMES

全世界のモバイル向けプログラマティック広告の不正の分布パターンが判明

モバイルアドテクのリーダー企業であるAppLift(リンク)は、世界的なアドフラウド(広告詐欺)の分布データを調査し、明らかにしたレポート「モバイル広告Fraudとの戦い:次のバトルグラウンド」の日本語版eブック(リンク)を本日公開しました。

このeブックは、AppLiftがモバイル広告の不正行為に関する最新の統計結果を発表した2015年の調査の追跡レポートです。モバイル広告業界の現在の課題とモバイル広告の不正行為の最新の進化について評価しています。また、レポートでは不正行為の検知・防止の鍵となるヒューリスティック分析について解説しており、不正行為への対応策を設計・実行するためのガイダンスとなっています。日本語版では、日本に対応した洞察が含まれており、日本のモバイル広告業界における不正行為のトレンドも紹介しています。

「ビジネスインサイダー」によると、2017年に不正なトラフィックにより無駄に使われた広告費の合計金額は全世界で164億ドルに達することがわかりました。またマーケターの78%が広告の不正行為やボットのトラフィックについて懸念していることが明らかになりました。

レポートの調査結果は下記の通りです(一部抜粋)。今回12週間におよぶ調査を行った結果、RTBに関するインプレッションの不正の割合が最も大きかった国は、インドとインドネシアであり、それぞれ31.29%と21.23%に及ぶことがわかりました。また、エンターテイメントアプリとニュースアプリは不正なトラフィックが最も多いことがわかりました。

● 最も不正行為が多いアプリのカテゴリ
o エンターテイメント:22%
o ニュース:22%
o 教育:21%
● 最も不正行為が少ないアプリのカテゴリ
o 子育て:2%
o ショッピング:3%
o 旅行:7%
● 2017年、最も流行した不正行為のタイプ-- 不正行為のタイプは複雑化、高度化しており、発生タイミングは「クリックしたインストール時」と「インストール後のアプリ実行時」の両フェーズにおいて進化しています。中でもモバイル広告業界が現在直面している最も普及していて損害の大きいものは、広告スタッキング、クリックインジェクション、およびクリックスタッフィングです。

AppLiftのCEO兼共同創業者であるティム・コスチェラは次のように述べています。「広告費は、モバイルマーケターの予算に重要な役割を果たします」「不正行為の増加は広告業界の健全性を脅かすだけでなく、広告主にとって大きなコスト増になります。AppLiftの高度なパターン検知技術は、すべてのレベルで不正を把握、検知、および対応することができるため、広告費用の損失を大幅に軽減することができます」。

AppLiftが提供するアプリインストールの不正にリアルタイムに対応するモバイル広告の不正防止スイートの進化系機能「Fraud Buster」を利用すると、マーケターはユーザー1人当たりのライフタイムバリュー、および広告の費用対効果(ROAS)の向上につなげることができます。Fraud Busterは、不正検知に対する予防的なアプローチを備えており、過去のデータ分析にのみ基づく従来の事後対応的なアプローチは使用しません。Fraud Busterは、あらゆるモバイルサプライチェーンアクセスにアクセスが可能なAppLiftの統合プラットフォーム「DataLift 360」の中に含まれています。

今回のレポートからは現在、不正の低減に向けてアドエクスチェンジ、パブリッシャー、アトリビューションパートナーの役割の重要性がこれまで以上に高まっていることが明らかになりました。レポートを閲覧するには、こちら(リンク)にアクセスしてください。

AppLiftについて
AppLiftは、モバイルアプリの広告主によるアプリの広告ライフサイクルのすべてのステージの管理の実現をサポートするモバイルアドテクのリーダー企業です。AppLiftの提供する統合プラットフォームのDataLift 360を利用すると、広告主は1つのインターフェースから自身の複数のアプリを起動できるだけでなく、質の良いユーザーの獲得・維持が可能です。また、アプリのマーケターは主要なすべてのモバイル広告インベントリにプログラマティックにアクセスが可能であり、最先端のデータ統合機能、および広範囲なターゲティングおよびオーディエンス管理機能を備えた単一の独自技術のプラットフォームを通してキャンペーンをコントロールすることができます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。