logo

浦和PARCOで小型ロボットを使った実証実験を開始

株式会社パルコ 2017年08月01日 16時39分
From PR TIMES

AI搭載小型ロボットがお客様の属性を判断し、最適な商品の提案を実施



 株式会社パルコ(代表執行役社長、牧山浩三 以下パルコ)は、多くのIoTデバイス開発実績をもつ株式会社ハタプロ(代表取締役:伊澤諒太 以下ハタプロ)の開発したAI搭載小型ロボット「ZUKKU(ズック)」を用いた実証実験を浦和PARCOにて2017年8月7日(月)より実施いたします。今回の実証実験では、ロボットが搭載されたカメラを通じて自動でお客様の属性を認証し、その属性に合わせてサイネージに表示させる内容を変化させます。これによりロボットのみで顧客に合わせた接客が可能かを検証し、店舗での新たな接客手段の一つとして検討していきます。
[画像: リンク ]



■実証実験概要
今回の浦和PARCO で行う実証実験の主な内容は下記です。
1)来店したお客様顧客の属性情報をカメラで認証、自動で集計分析し、最適なレストランメニューを提案
2)「ZUKKU(ズック)」の前を通過した通行客数をカウントし、時間帯別の周辺エリアの混雑状況を集計

お客様が「ZUKKU(ズック)」の目の前に立つ、ないしは「ZUKKU(ズック)」を手に取ると、搭載されたカメラで自動でお客様の属性(年齢や性別など)を認証、集計を行います。この認証した属性情報をもとに、連動したサイネージ上に、そのお客様に最適な商品情報を表示します。今回はレストランフロアに「ZUKKU(ズック)」を設置し、属性情報をもとに最適なレストランメニューの提案を行います。


【実験期間】
2017年8月7日(月)~20日(日)

【設置箇所】
浦和PARCO 5F レストランフロア
・花時計前
・北側緑のエスカレーター前
・南側青のエスカレーター前  計3台

■背景
 パルコは店舗の魅力を最大限に発揮するためにさまざまなWebサービスの提供や最新テクノロジーの活用を行っています。情報コミュニケーションが大きく変化するなかで、お客様との新たなコミュニケーションの手法として、ICTを活用した取り組みを強化し、より効果的でお客様にとっても心地よい接客の実現を目指しています。

 その一環として、店舗におけるロボットの活用にも積極的に取り組んで参りましたが、大型のロボットは 設置場所や移動などに苦慮することもございました。今回は“手のひらサイズ”というこれまでになく小型、かつ愛らしい見た目のロボット「ZUKKU(ズック)」を用いることで、より手軽にロボットを接客に活用することができるのではないかと捉えています。また人を介することなくロボットだけで、単一的な対応ではなくお客様それぞれの属性に合わせた提案や接客がどこまで実現可能なのかという点もロボット活用においては重要になります。より効果的な接客になるだけでなく、お客様にとってもストレスなくご利用頂けると考えています。「ZUKKU(ズック)」は目の前に立たれたお客様をカメラを通して自動でその属性を認証し、それに合わせたご提案を行います。これらの属性に合わせた接客を効果検証することにより、今後のロボット活用に活かしていきます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事