logo

ASTERIA WARP、全世界で導入実績12万社以上のERP製品「Microsoft Dynamics NAV」連携アダプター提供開始

~ 東南アジア諸国に進出する日系企業の複数拠点間でのシステム統合を迅速に実現する ~

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、国内 EAI/ESB(※1)ソフト市場で10年連続シェアNo.1(※2)を達成している「ASTERIA WARP(アステリアワープ)」と、Microsoft Dynamics NAV(中堅中小企業様向け基幹業務ERPソリューション)との連携を実現する「Dynamics NAVアダプター」の提供を2017年7月31日より開始します。

これにより、Microsoft Dynamics NAVと他のERP製品、SaaS(Software as a Service)をはじめとするクラウドサービスやオンプレミス(自社運用型)システムとのシームレスな連携が可能になります。またグローバル展開する企業での複数拠点間のシステムの統合も迅速に行うことができます。

【Dynamics NAVとのアダプター連携イメージ】
リンク

■「Dynamics NAVアダプター」の概要・特長

【名 称】
Dynamics NAVアダプター

【特 長】
・RDB連携と同等のSQLを利用しMicrosoft Dynamics NAVと連携可能
・スキーマ情報の自動取得によりGUIでSQLを自動生成する支援機能

【価 格】
2万円~(税別)/月

【製品サイト】
リンク

■今後のASTERIAビジネスの展開
 インフォテリアのASTERIAビジネスは順調な拡大を継続しており、現在の導入社数は6,000社を突破するとともに、企業データ連携市場(EAI/ESB)では10年連続シェアNo.1を継続し、業界のリーディングカンパニーとしての地位を更に強固なものにしています。
 今後も、ASTERIA WARPの多様なデータソースとの連携機能を駆使することで社内の情報資産の有効活用に貢献し、新たなビジネスチャンスの獲得に貢献できるようなITソリューションの構築に貢献してまいります。

■記念セミナーの開催
 アダプターの発売を記念して、Microsoft Dynamics NAVの日本向けローカライズを行い製品提供しているパシフィックビジネスコンサルティング社と以下のセミナーを実施します。

【もうプログラムは書かない!圧倒的なスピードで業務システムを構築する手法とは】
~ASTERIA WARP とMicrosoft Dynamics NAVで実現する、ERPスピード導入~

【日 時】
2017年8月4日(金) 15:00~

【主 催】
インフォテリア株式会社
株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

【会 場】
インフォテリア株式会社 1F セミナールーム

【セミナー申し込み】
リンク

■エンドースメント(五十音順)

【株式会社パシフィックビジネスコンサルティング 様】
 パシフィックビジネスコンサルティングは、インフォテリア様によるASTERIA WARP専用アダプター「Microsoft Dynamics NAVアダプター」の提供開始を心より歓迎いたします。Dynamics NAVは、グローバル対応ERPとして、多くの日系グローバル企業様に採用されています。また、本社や他拠点と連携することが多く、ASTERIA WARPを利用することで、開発にかかる時間やコストを縮小するとともに、インフォテリア様が日系企業のビジネスを加速化させることにつながると確信しております。

 株式会社パシフィックビジネスコンサルティング
 取締役/戦略事業推進室長:吉島 良平

【株式会社日立ソリューションズ・クリエイト様】
 株式会社 日立ソリューションズ・クリエイトは日立グループにおける情報・通信システム事業の一翼を担う企業として、産業・流通・金融・社会・公共といった様々な業種のお客様に対し、基幹システムをはじめとする高品質なシステムを数多く提供してまいりました。
 MicrosoftのERP Dynamics NAVと他システムやクラウドサービスとを連携させることで、自社のデータやシステムを有効活用したいというお客様のニーズは、今後ますます高まると感じています。
 弊社は、このたびの「ASTERIAとDynamics NAVがシームレスに連携するアダプター」の販売開始により、基幹業務システムの構築を、より柔軟に・早く実現し、お客様に付加価値の高いシステムをご提供できると考えております。

 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
 取締役社長:西條 洋

用語解説

※1:企業データ連携のこと。EAIは、Enterprise Application Integrationの略、ESBは、Enterprise Service Busの略。
※2:出典は、 テクノ・システム・リサーチ「2016年ソフトウェアマーケティング総覧 EAI/ESB市場編」。出荷量ベース。


■ブログ記事
・「Microsoft Dynamics NAVとASTERIAをつないでみた」ブログ
リンク

■「ASTERIAシリーズ」について
(Webサイト リンク
 「ASTERIAシリーズ」は、異なるコンピューターシステムのデータを、ノンプログラミングで連携できるASTERIA WARPを主力製品とするミドルウェアです。メインフレームやクラウド上のサーバーから表計算ソフトまで、様々なシステム間の接続とデータの変換を行うロジックを複雑なプログラミングなしで行えることが評価されています。

■「インフォテリア株式会社」について
(Webサイト リンク
 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に6,117社(2017年3月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,193件(2017年3月末現在)の企業や公共機関で採用されています。


【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
インフォテリア株式会社 広報・IR室 長沼史宏
TEL:03-5718-1297 FAX:03-5718-1261
E-mail:press@infoteria.com

【製品に関するお問い合わせ先】
インフォテリア株式会社 ASTERIA事業本部 営業推進部
製品担当:東出武也
TEL:03-5718-1250 FAX:03-5718-1261
E-mail:pm@infoteria.com

インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。