logo

ありきたりな手法での情報収集ではなく、「リアルな社会」を知って将来を考える特別授業 『CAMP SUMMIT 2017 ~はたらくを楽しむ人の流儀~』スタート!

パーソルキャリア株式会社 2017年07月25日 15時46分
From Digital PR Platform


総合人材サービスのパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)は、日本の就活を変え「はたらくを楽しむ」人をさらに増やすことを目的とした学生限定イベント『CAMP SUMMIT 2017 ~はたらくを楽しむ人の流儀~』を、7月24日(月)に大阪市内で開催しました。同イベントは、大阪会場を皮切りに、札幌(7/25)、福岡(7/31)、名古屋(8/1)、東京(8/7)と、全国5都市の会場にて順次開催してまいります。

■後悔もミスマッチも生まない就活のための特別授業『CAMP SUMMIT 2017 ~はたらくを楽しむ人の流儀~』とは

当社が今年6月に実施した調査※では、社会人10年目までの約4割が、自身の就活を後悔していることが明らかになりました。入社3年を経た2014年入社社員を対象にした調査では、就活を後悔している人の約8割が入社3年以内に転職を考え、そのうちの2人に1人が実際に転職を経験していることが判明。就活を後悔していない人では、その数字が4人に1人と、両者の差は明白です。こうした就活の課題や、「3年3割問題」が象徴する企業と学生のミスマッチを解消するには、内定をゴールとした日本の旧態依然とした就活を変えていく必要があります。その考えのもと、当社で新卒採用責任者を務め、“はたらクリエイティブディレクター”の肩書きを持つ佐藤 裕が、2015年に立ち上げたのが、学生向けキャリア教育支援プログラム「CAMP」です。従来の就活のあり方を見直し、「はたらくを楽しもう」がコンセプトである「CAMP」には、これまで約3万人の学生が参加。今回の『CAMP SUMMIT 2017 ~はたらくを楽しむ人の流儀~』は、その特別編として開催するものです。
※調査対象:社会人10年目までの正社員1,120名 / 調査期間:2017年6月 / 調査手法:インターネット調査

■初日の大阪会場には100名の学生が参加、企業の現役人事・川栄李奈さんからのリアルな言葉に大きな気付きあり

全国5都市開催のうち、記念すべき第1回目として開催した大阪会場では、まず第1部は、CAMPのキャプテンも務める佐藤 裕が「就活をやめることから、始めよう。」というテーマで講義を実施。CAMP設立の背景や若者の離職が止まらない現状を踏まえ、「自己分析ではなく、自己理解が必要」「ネットや1年上の先輩の情報だけに頼るのではなく、リアルな社会を知るべき」「テク   ニックに走るのではなく、社会が求める能力を学生自体から開発しよう」「人生を考える時間を前倒しして、人生の分岐点をとらえよう」などといった、自身のキャリアや人生を深く考えることの重要性を、集まった学生たちに指南しました。

第2部では、江崎グリコ株式会社、関西電力株式会社、日産自動車株式会社、パナソニック株式会社、ロート製薬株式会社の現役人事にご登壇いただき、採用段階におけるミスマッチ解消をテーマに、本音でディスカッションを実施。各社の採用における取り組みや学生を見るポイントのほか、「ここがヘンだよ!就活生」と題し、エントリーシートや面接を通じて感じる企業と学生の  ギャップを率直に語り合いました。学生からは、「自分にも心当たりがあってドキッとした」「もっと素を出して面接に臨んだ方が良いのかもしれない」などといった声があがっています。

最終プログラムの第3部には、特別講師として女優の川栄李奈さんが登場。アイドル時代から女優になるという目標を持ち、世間のイメージの裏で着実に準備を重ね、今や女優として各方面から高い評価を受ける彼女。芸能界というフィールドで実践してきた仕事の流儀や独自のキャリアの考え方などを、就活を控えた約100名の大学生らの前で真剣に語り、対する学生らも真剣にメモを取る様子が見られました。

就職にあたって不安を抱えている学生も多いなか、川栄さんの不安との向き合い方を尋ねた際には、「アイドルから女優に転向した時には、不安はなく、むしろ、ポジティブな気持ちが強かった。やりたいことに挑戦しないで後悔したくなかったし、自分が楽しいと思える方へ進みたくてあまり迷わず決断した。ダメならやめればいい、と気楽に考えていた。」と回答。就職を考えるうえでも非常に重要な要素となる“10年後のキャリア”に関しては、「結婚していたい。もちろん、子供も欲しい。けれど、仕事は続けていたい。子育てしながら仕事を続けるカッコイイお母さんに憧れている。」と将来像を語りました。

そのほか、「川栄さんが感じる社会の厳しさは?」などTwitter上で募った質問にも回答。イベント終盤には、「後悔しない人生を送るために、自分のやりことに対して少しでも行動に移してほしいです。やりたいことが出来なくても、自分が出来ることの中から探すことが、『はたらく」を楽しむために大事なことだと思います。こんな上からで申し訳ないですが(笑)、頑張ってください。」と会場に参加した学生に向け、笑顔でエールを送りました。

■『CAMP SUMMIT 2017 ~はたらくを楽しむ人の流儀~』概要

【開催日・会場】 
7月24日(月)13時00分〜16時15分 @大阪ビジネスパーク(大阪)開催終了
7月25日(火)13時00分〜16時15分 @サッポロファクトリーホール(札幌)本日開催
7月31日(月)13時00分〜16時15分 @アクロス福岡(福岡)
8月1日(火)11時00分〜14時45分 @デザインホール(名古屋)
8月7日(月)13時00分〜16時15分 @スパイラルホール(東京)

【登壇者】 
川栄 李奈さん(女優)・企業の人事(各地区3~5名)・CAMPキャプテン はたらクリエイティブディレクター 佐藤 裕

【内容】 
第1部「Lecture」:佐藤 裕 講演「就活をやめることから、始めよう。」
第2部「Discussion」:佐藤 裕×人事 パネルディスカッション
第3部「Interview」:佐藤 裕×川栄 李奈 はたらくを楽しむ対談

【対象】 
大学生・大学院生・短期大学生・専門学校生

■川栄 李奈(かわえい りな)さんプロフィール
2010年にAKB48研究生オーディションに合格し、デビュー。2014年にはシングル選抜メンバー入りを果たす。2015年8月にAKB48 を卒業後、本格的に女優業をスタートさせ、卒業後すぐの初舞台「AZUMI幕末編」では初主演を務め、好評を博し、大盛況で終えた。その後、NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」をはじめ、CX「早子先生、結婚するって本当ですか?」等続々とドラマに出演。2017年にはNTV「フランケンシュタインの恋」、KTV「僕たちがやりました」でもレギュラー出演を果たす。2017年9月に映画「亜人」、2018年には映画「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」の公開が控えている。
公式Twitter:リンク

【本人のコメント】
今回、「はたらくを楽しむ」というテーマで、5都市の会場でお話しさせて頂く機会をいただきました。私もこの機会に「はたらく」ということを皆さんと一緒に考えられればと思います。私の経験が役に立つか分かりませんが、少しでもプラスになっていただけたら嬉しいです。会場でお待ちしています!

■CAMPキャプテン はたらクリエイティブディレクター 佐藤 裕(さとう ゆう)
パーソルキャリア株式会社の新卒採用責任者を務める傍ら、株式会社ベネッセi-キャリア特任研究員、関西学院大学フェロー、デジタルハリウッド大学の非常勤講師、BSジャパン『ジョブレボ!-Job life Revolution-』コメンテーターとしての肩書きも持つ。2016年には、年間207本の講演・講義を実施。これまで3万人以上の学生と接点を持ち、キャリア教育支援プログラム「CAMP」ではキャプテンも務める。活動はアジア各国での外国人学生の支援まで広がり、グローバルでも多くの講義を実施している。

【本人のコメント】
個人で「CAMP」を作り3年が経ち、のべ3万人の学生と全国・アジアで語り合ってきました。今回「CAMP」をリニューアルして本格的に学生の皆さんの視野と価値観に刺激を与える、そして人生の分岐点を探る機会として「CAMP SUMMIT 2017」を開催することになりました。当日は、人生の分岐点を捉え女優として活躍している川栄さん、毎年多くの学生と接点を持つ企業人事の方々と学生のLife Design/Career Design/就活/学生時代の過ごし方について語り合います。はたらくを楽しむことを今から考え、大学生活を改革したい方は是非ご参加を!

■「CAMP」について<リンク
「CAMP(Career Activate Management Program )」は、全国やアジアの学生を対象にしたキャリア教育支援プログラムです。新卒で入社した人たちの約30%が、3年以内に離職することが約15年も続いている実情に課題を感じ、その要因の一つが日本の旧態依然の「就活」にあると考え、佐藤 裕が立ち上げました。内定をゴールとした就活テクニック、自己分析などはお伝えしません。最先端のマーケットを理解し、多くの経験から実績を残してきた社会人が、社会で必要とされる能力や本当に必要なキャリアの考え方をお伝えしていきます。

■パーソルキャリア株式会社について<リンク
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について<リンク
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事