logo

中高生向け開発コンテスト『Unityインターハイ2017』審査員を発表

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 2017年07月21日 11時01分
From PR TIMES

1次審査通過で地区ごとのノミネート作品として選出、2次審査通過で発表会にご招待

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」の審査員、および審査の流れを発表いたしました。



[画像1: リンク ]


Unityインターハイとは
高校生・高専生以下の学生を対象としたUnityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会です。


Unityとは
Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアです。Unityを使って本格的な3Dゲームやスマートフォンアプリ、VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツが日々作られています。会社でも学校でも基本は同じなので、近年では大学や専門学校のIT教育現場でも数多く導入されており、ゲームのみならず大学での研究や建築、シミュレータなど、幅広い業界で活用されています。


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

Unityインターハイ2016開催の様子


応募作品はゲーム分野のエキスパート達によって審査され、予選審査を通過した作品は10月22日(日)、東京・秋葉原で行われるプレゼン発表会に進出します。このプレゼン発表会では開発メンバーによるプレゼンが行われ、最終審査を経て優勝作品が決定します。

前回大会では全国の高校・高等専門学校および小・中学校から135チームのエントリーがあり、予選をくぐり抜けた15チームによるプレゼンや作品の展示が行われ、ゲーム開発者や学校関係者はもちろん、参加者同士でも交流が深められました。


4名の審査員と1名の開発ご意見番
審査にはゲームを愛するエキスパート達が登場!作品のオリジナリティや完成度を公正に審査します。


[画像4: リンク ]

「次のゲーム業界を担う気持ちで挑んでください!」

[表1: リンク ]



[画像5: リンク ]

「キミもきっと感じるはず、ゲームクリエーターだけが知る感動を。」

[表2: リンク ]



[画像6: リンク ]

「人を驚かせ、楽しませる仕組みを考えよう!」

[表3: リンク ]



[画像7: リンク ]

「まだ世界の誰も遊んだことがないような一作を待っています!」

[表4: リンク ]



[画像8: リンク ]

「出来ることを精一杯詰め込んだ作品を待っています」

[表5: リンク ]



1次審査を通過すれば地区ノミネート作品として選出
1次審査を通過すれば各地区でのノミネート作品として選出され、作品、チーム、学校名がWeb上で掲載されます。


[画像9: リンク ]

全国8地区でのノミネート選出をめざせ!


[画像10: リンク ]

選出作品はWebサイトにて発表!


2次審査を通過すれば東京・秋葉原のプレゼン発表会にご招待
2次審査を通過した作品の開発チームメンバー(最大3名)は、10月22日(日)に東京・秋葉原で行われるプレゼン発表会にご招待!審査員や観覧の方々の前で作品のプレゼン発表を行っていただき、受賞作品が決定します。


[画像11: リンク ]

東京・秋葉原でのプレゼン発表会にご招待!


※会場への交通費は1名につき最大3万円まで、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが負担します。


作品提出締切は8月31日、エントリー受付中!
作品提出締切は2017年8月31日の23:59となります。まずは大会にエントリーしてください。作品提出方法や諸注意事項を8月上旬にお知らせします

Unityインターハイ2017公式Webサイト
リンク

Unityインターハイ2017エントリーフォーム
リンク

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事