logo

産学官民のテクノロジーの「今と未来」を伝える情報サイト 「bp-Affairs」本格運用開始

一般社団法人ビジネス&パブリック アフェアーズ 2017年07月19日 16時00分
From PR TIMES

一般社団法人ビジネス&パブリックアフェアーズは、産学官民におけるテクノロジーの「今と未来」を伝える情報サイト「bp-Affairs」の本格運用を本日より開始いたします。

bpアフェアーズでは、情報通信、金融、バイオ、ロボット、ロジスティクス、製造、自動車、ヘルスケア、エネルギー分野の産学官民におけるテクノロジー/製品開発への取り組みについての最新情報、海外の最新テクノロジー/製品に関する紹介記事、ホワイトペーパーや導入事例、ならびに当社主催イベントおよび企業のプライベートイベントについての特集記事や映像コンテンツを掲載していきます。



[画像1: リンク ]

一般社団法人ビジネス&パブリックアフェアーズ(東京都新宿区、以下「bpアフェアーズ」)は、産学官民におけるテクノロジーの「今と未来」を伝える情報サイト「bp-Affairs(リンク)」の本格運用を本日より開始いたします。

bpアフェアーズでは、情報通信、金融、バイオ、ロボット、ロジスティクス、製造、自動車、ヘルスケア、エネルギー分野の産学官民におけるテクノロジー/製品開発への取り組みについての最新情報、海外の最新テクノロジー/製品に関する紹介記事、ホワイトペーパーや導入事例、ならびに当社主催イベントおよび企業のプライベートイベントについての特集記事や映像コンテンツを掲載していきます。

[画像2: リンク ]



また、bpアフェアーズ は2017年7月18日(火)、「Cyber Security Dialogue (サイバーセキュリティダイアログ)~デジタル変革時代のセキュリティ対策~」を開催したことをお知らせいたします。Cyber Security Dialogueでは、米ベライゾン社よりJohn D. Loveland氏をゲストスピーカーとしてお招きし、世界の65の組織から集計した84カ国からの42,068件のセキュリティインシデントと1,935件の侵害に関する分析結果をまとめた2017年度版データ漏洩/侵害調査報告書(DBIR)についての基調講演や、日米のセキュリティ専門家によるパネルディスカッションを実施いたしました。本基調講演およびパネルディスカッションについての特集記事および映像コンテンツは、リンクにて7月末に掲載させていただく予定です。

[画像3: リンク ]



パネルディスカッション参加者:
1.Mr. John D. Loveland ジョン・ラブランド氏(Global Head of Cyber Security Strategy & Marketing, Verizon Enterprise Solutions)
2.門林雄基氏(奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 教授)
3.山田 隆裕氏(総務省情報流通行政局 サイバーセキュリティ課 課長補佐)
4.真鍋 敬士氏(一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター 理事/最高技術責任者)
5.門脇直人氏(国立研究開発法人情報通信研究機構 理事)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。