logo

「Wantedly People」名刺管理から人脈構築ツールへ 名刺交換だけで終わらない、次のコミュニケーションにつながる “話題”を自動収集



[画像1: リンク ]


 ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、2017年7月19日(水)より、名刺管理アプリ「Wantedly People」にて、登録した名刺の企業や業界に関連する情報を集めて“話題”を提供する新たな機能をリリースいたします。名刺を交換した相手に関する“話題”を提供することで、ビジネスにおけるより深い人脈構築を可能にします。


「Wantedly People」新機能開発の背景
 ウォンテッドリーは 2010 年に設立してからビジネスパーソン向けにサービスを展開してきました。「人生100年時代」、働く環境が大きく変化している中 で、ウォンテッドリーは働き方の変化に先駆け、今後、ますます重要性が高まる個人の『人脈』構築に注目し、2016年11月に名刺管理アプリ「Wantedly People」をリリースしました。「Wantedly People」 のサービス提供開始から 8 ヶ月あまりでユーザー数 100 万人を突破、名刺のスキャン枚数も2,000万枚を 超え、多くのビジネスパーソンにとって欠かせないツールへと成長を続けています。

 人間よりも企業の寿命が短くなっている時代、働き方はこれまで一般的に想定されていた終身雇用から、 個人がいかに満足する環境を見つけて働いていくかに変化していきます。個人が満足できる環境を見つけて 働いていくには、同じミッションやビジョンに共感できる仲間を見つけ、つながっていくことが重要です。 ビジネスシーンで日常的に交換される名刺を交換するに留めず、自身の資産となる『人脈』としてきちんと 管理し、そこからつながっていくことで、共感できる仲間と出会える機会が生まれます。

 今回、名刺管理アプリ「Wantedly People」は、登録した名刺の情報をもとにユーザーが『人脈』を構築する上で必要な“話題”を提供するべく、名刺を交換した相手の企業とその業界に関する情報や世の中のトレンドとなるニュースを自動で収集します。名刺の情報をデータ化して管理するだけのツールではなく、名刺交換した相手に関する最新情報を得られることで、「Wantedly People」はより深い『人脈』を構築で きるツールとして進化していきます。


「Wantedly People」新機能について
 「Wantedly People」は、名刺交換相手の企業や業界に関連する情報、ユーザーが所属する企業や業界の情報、世の中のトレンドとなる話題のニュースなど、名刺の登録日や検索情報を基準に、ユーザーにとって有益となる“話題”を自動で収集します。ユーザーが所属する企業や業界にまつわるコンテンツだけではなく、登録した名刺の情報、つまり名刺交換した相手やその企業と業界に関する最新情報が得られるため、例えばクライアントなどビジネスでに関わる人についてのする話題を見つけやすくなります。名刺を交換し、交換した名刺の情報をもとにその企業の最新情報だけではなく業界にまつわる情報も得られるので、名刺交換した相手と一歩抜きんに出た話がでるようになり、より深い人脈構築に役立てることが可能です。

[画像2: リンク ]


「Wantedly People」新機能一覧


名刺交換をした相手や企業、業界や地域に関するニュースの提供
ユーザーの企業や業界、地域に関するニュースの提供
各媒体社からのニュースをピックアップ
オリジナルコンテンツの提供
いくらでも「いいね!」が付けられるリアクションボタン



 今回の新機能をリリースするにあたり、以下の媒体をはじめ、20媒体以上と提携させていただきました。今後もより充実したコンテンツを提供できるよう、多くのメディアと提携していく予定です。

【提携メディア一覧】
ITmedia NEWS 朝日新聞デジタル @Press RBB TODAY inspi VICE ウェザーマップ
KAI-YOU.net 共同通信 47NEWS G財経新聞 THE PAGE CNET Japan ZDNet Japan
シブヤ経済新聞 投信1 ニュースイッチ ハフポスト日本版 ホウドウキョク 毎日新聞 
MONEYPLUS METI Journal リセマム レスポンス

※あいうえお五十音順で表記


今後の展望
 今後は、「Wantedly People」を名刺管理だけではなく人脈構築を可能にするツールとして進化させ、メディアだけに留まらず、様々な企業や機関と連携し、名刺交換からビジネスチャンスが次々と生まれるような世界の実現を目指してまいります。


「Wantedly People」とは
 「Wantedly People」は、複数枚の名刺をスマートフォンのカメラで同時に読み取り、瞬時にデータ化できる、無料の名刺管理アプリです。「Wantedly People」の特徴は主に以下となります。

サービス詳細説明URL:リンク

1. 人工知能が最大10枚の名刺をリアルタイムで解析、瞬時にデータ化。

2. 読み込んだ名刺の持ち主が「Wantedly」上にプロフィールを登録している場合、
 そのプロフィール情報を連絡先の情報と同期。

3. 一定時間で使用不可となるURLを利用した、オンライン上での名刺の貸し借り。

4. CSV形式で保存している名刺データを「Wantedly People」へ移行するインポート機能。

5. 登録している名刺は名前、企業名、役職名、電話番号、メールアドレス、住所、メモから検索可能。

6. PC版から読み込んだ名刺の情報の閲覧/編集が可能。CSVファイルでのデータエクスポートにも対応。

7. 交換した名刺の情報をもとに“話題”を提供し、ビジネス上の人脈構築をサポートする機能。


[表: リンク ]



ウォンテッドリー株式会社について
 ウォンテッドリー株式会社は、『シゴトでココロオドル人をふやす』を企業理念に、ビジネスパーソン向けにサービスを展開しています。ビジネスSNS「Wantedly」は、2012年2月の公式リリースから現在まで利用企業社数2万社、月間利用ユーザー数150万人を超え、全てのビジネスパーソンにとって様々な出会いを提供するプラットフォームを目指しています。

<会社概要>
会社名  : ウォンテッドリー株式会社
URL : リンク
本社所在地: 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
代表取締役: 仲 暁子
設立   : 2010年9月
事業概要 :  月間150万人が利用するビジネス SNS 「Wantedly」
       企業訪問アプリ「Wantedly Visit」
       ブログ投稿プラットフォーム「Wantedly Feed」
       ビジネスチャット「Wantedly Chat」
       名刺管理アプリ「Wantedly People」
       社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」
       ポートフォリオサイト「Wantedly Case」

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事