logo

江戸川大学が8月27日と来年2月に公開講座「子ども・子育て・コミュニケーション」を開催

江戸川大学 2017年07月15日 08時05分
From Digital PR Platform


江戸川大学(千葉県流山市)こどもコミュニケーション研究所(所長:浅川陽子教授)は、公開講座「子ども・子育て・コミュニケーション」を開講する。これは、子どもの発達を知ることからはじまり、子どもを育てるより良い環境を考え、コミュニケーションを深める技術を学ぶ場として開催するもの。子育て中の保護者(父母や祖父母)や保育所・幼稚園・小学校の先生、子育て支援に携わる人を対象としており、受講料は無料(定員90名)。第1回は8月27日(日)、第2回は2018年2月11日(日)に行われる。


 江戸川大学こどもコミュニケーション研究所では、保育学、教育学、心理学、情報学、社会学を基礎として、異なる専門分野や実践家などと協働しながら子どもの育ちを解明するとともに、よりよい保育、教育のための研究を推進している。また、同大のこどもコミュニケーション学に関わる研究を統括し、学生の教育研究に還元することや、地域社会におけるこどもの保育、教育および指導者育成に関わる実践的な研究等の中心的な役割を担うことを目的としている。

 同研究所はこのたび、子育て中の保護者(父母や祖父母)や保育所・幼稚園・小学校の先生、子育て支援に携わる人を対象に公開講座を開催する。発達心理学や児童福祉などを専門とする同大メディアコミュニケーション学部こどもコミュニケーション学科の教授陣が、子どもの発達や子どもとのコミュニケーションの取り方について講演する。概要は下記の通り。

◆2017こどもコミュニケーション研究所主催公開講座 概要
【開催日】
・第1回: 2017年8月27日(日)
・第2回: 2018年2月11日(日)
【時 間】 各回9:30~11:40
【会 場】
 流山市生涯学習センター(千葉県流山市中110)※駐車場あり
 [つくばエクスプレス 流山セントラルパーク駅下車 徒歩3分]
【定 員】 90人
【受講料】 無料
【申込方法】
 メールで、件名に「公開講座」参加希望と明記し、氏名、郵便番号・住所、連絡先(電話番号、メールアドレスなど)、参加ご希望回、同伴者数、託児の希望を入力の上、下記メールアドレスまで送信
 E-mail: kodomoc@edogawa-u.ac.jp
※第1回のみ、第2回のみ、両方という申し込み方ができます。
【申込締切】 第1回:8月20日(日)、第2回:2月4日(日)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
【託 児】 幼児(2~6歳)の一時預かりは 500 円(要事前申し込み・先着 6 名まで)
【後 援】 流山市、流山市教育委員会、流山市社会福祉協議会

■第1回 2017年8月27日(日)
・9:30~10:30
「子どもの思いやりの気持ちを育む心理学」
 講師: 村上 涼 講師(専門:臨床発達心理学)
 思いやりの気持ちは、人間の生まれながらの力と関係していることが分かってきています。最新の研究について映像を使って紹介しながら、どのように子どもが持つ生まれながらの力を思いやりの気持ちへ育んでいくかについて講義します。出席者の皆さまと子どもの心理から、人間とは根源的に思いやりを持っているのかまで考える授業にしたいと考えています。
・10:40~11:40
「子どもの『語り』を聴く力を磨こう−共感−」
 講師: 我謝 美左子 講師(専門:社会福祉学)
 「できたこと」「できなかった」などに伴う「嬉しい」「悔しい」「悲しい」・・・という感情を子どもの立場に立って受けとめてくれる大人がそばにいることが、子どもにとって重要となります。そこで、子どもの身近にいる皆さんが、子どもの語りや感情表出を支えることができているかについて振り返る機会となれば幸いです。

■第2回 2018年2月11日(日)
・9:30~10:30
「子育てを考えよう~我が家の小さな虐待を防ぐには」
 講師: 金井 雅子 特任講師(専門:児童福祉・臨床心理)
 子どもが言うことを聞かないので叩いてしまった。上の子はかわいいのに下の子はかわいく思えないなど・・・。子育てでよく起きる我が家の小さな「虐待」について、心理面・医学面・社会福祉面・法律面などの色々な角度から取り上げ、対応について一緒に考えてみましょう。子育てに悩んでいるママ、パパはもちろん、子どもにかかわる仕事をされている方にも参考になる講座を予定しています。
・10:40~11:40
「大人も一緒に英語の絵本を楽しみませんか」
 講師: 城一 道子 教授(専門:英語教育)
 英語の絵本は聴くよりも自分の声で読むほうがずっと楽しい!なぜなら、ことばは口にしてこそ生き生きと感じ取れるものだからです。絵本を子どもと一緒に読む、自分の思いや感じたままをそのままに、英語ということばで誰かに語ってみることは、読み手の大人にとっても英語がぐっと身近に感じられる楽しい体験です。

●江戸川大学こどもコミュニケーション研究所
 リンク

※その他、公開講座に関するお問い合わせや当日の取材のお申し込みは下記までお願いします。

▼本件に関する問い合わせ先
 江戸川大学企画総務課(担当:杉山、坂井)
 〒270-0198 千葉県流山市駒木474
 TEL: 04-7152-9980
 FAX: 04-7153-5904
 E-mail: kodomoc@edogawa-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事