logo

カードのいらない、カンタン決済サービス「Paidy」 三菱東京UFJ銀行から出資受け入れ

株式会社エクスチェンジコーポレーション 2017年07月14日 16時30分
From DreamNews

株式会社エクスチェンジコーポレーション(東京都港区、代表取締役:ラッセル・カマー、以下ExCo)の提供するカードのいらない、カンタン決済サービス「Paidy(ペイディー)」は本日、株式会社三菱東京UFJ銀行(東京都千代田区、頭取:三毛 兼承)からの出資を受け入れたことを発表いたします。

Paidyは、オンラインショッピング時にメールアドレスと携帯電話番号を使用してリアルタイムで決済を行うことができるサービスです。クレジットカード情報などの事前登録は必要なく、本人確認はSMS(ショートメール)もしくは自動音声で案内する認証コードによって瞬時に行われるため、お客様が「買いたい」と思ったその時に、簡単にお買い物をすることができます。Paidyで決済した料金は、まとめて翌月にコンビニエンスストアや銀行振込、口座振替*でお支払いいただけます。一括払いはもちろん、分割払いにも対応しているため、お客様は安心・簡単・便利にオンラインショッピングを楽しむことができます。
*口座振替は8月1日より受付を開始いたします。

この度の出資は、三菱東京UFJ銀行がExCoの独自性のあるICT技術・ビジネスモデルを評価し、同社との関係強化並びに将来のサービス開発検討を企図するものとなっております。今後、Paidyの支払い方法の多様化による利用者の利便性向上のため、8月1日より、三菱UFJファクター社の口座振替サービスを開始いたします。また、Paidyのコンビニエンスストアでの収納代行業務については、ペイジェント社のサービスを採用する予定です。また、アコム社とともに、ローンサービスに関する協業の検討を開始しております。ExCoとMUFGグループ各社とが協働することにより、より便利で品質の高いサービスをお客様に提供してまいります。

ExCo の代表取締役であるラッセル・カマーは次のように述べています。「我々は、翌月払い市場のパイオニアとして、2014年10月にPaidyの提供を開始いたしました。現在、75万人を超えるお客様と最大規模の加盟店数とを擁し、同市場でリーダーシップを発揮し続けています。お客様に安心・簡単・便利なオンラインショッピングを提供するPaidyのUXが三菱東京UFJ銀行に高く評価されたことを嬉しく思います。MUFGグループとの協働により、この画期的な決済プラットフォームの強化に取り組んでいく所存です。」


【株式会社エクスチェンジコーポレーションについて】
株式会社エクスチェンジコーポレーションは、より良いファイナンシャル・サービスを実現することを目的に2008年に設立されました。幅広い年齢層のお客様が利用可能な、カードのいらないカンタン決済サービス「Paidy」 をメインサービスとして提供しています。
所在地:東京都港区六本木3-16-26 ハリファックスビル3F
代表取締役:ラッセル・カマー
設立:2008年3月
URL:リンク

【Paidyについて】
「Paidy」はクレジットカードや事前登録を必要とせず、メールアドレスと携帯電話番号だけで、リアルタイムで決済を行うことができる決済サービスです。幅広い年齢層のお客様がご利用可能です。メールアドレスと携帯電話番号を入力後、SMS もしくは自動音声で案内する認証コードで本人確認を行う二段階認証により、不正利用を防ぐことができます。利用者は、当月の利用総額を翌月 10 日までにコンビニや銀行でお支払いいただけます。誰でも簡便かつ安全に決済ができるため、EC事業者はコンバージョン率やリピート率、顧客単価の向上が期待できます。

【エクスチェンジコーポレーションおよびPaidyに関するお問い合わせ先】
株式会社エクスチェンジコーポレーション
担当:菅原
TEL:03-5545-5975
Email:pr@paidy.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事