logo

クラウド受発注システムCOREC、インフォグラフィック「お店づくりのスマートシフト 仕入れ・発注編」を公開!

ラクーン 2017年07月12日 15時00分
From PR TIMES

~企業間での発注は“クラウド派”が8割。発注の最新動向を発表~

株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功)が運営する、クラウド受発注システム「COREC(コレック)」は、発注機能を利用している全国のユーザーを対象に、サービス活用方法及び発注の動向調査を実施し、その集計データをまとめたインフォグラフィック「お店づくりのスマートシフト 仕入れ・発注編」を公開しました。



CORECは、あたらしいお店づくりのかたちを広め、支援していくことを目的とした『お店づくりのスマートシフト』運動に参加しており、本調査はその一環で実施したものです。
[画像1: リンク ]

■調査概要
CORECは企業間取引における受発注のやり取りを、FAXや電話を使わずにWeb上で一元管理できるシステムです。農家・農園と飲食店、部品メーカーと工場、アパレルや雑貨メーカーと小売、チェーン店の本部と店舗など、約1万社を超える幅広い業種での企業取引において活用されています。

このたびCORECの発注機能を利用しているユーザーに対して導入前後の変化を調査したところ、発注作業にかかる時間の削減や、細かなミスや間違いがなくなるといった好影響がでていることがわかりました。また、発注の方法として紙とクラウドを比較したところ、約8割がクラウドの利便性を評価する結果となりました。

「お店づくりのスマートシフト 仕入れ・発注編」の詳細は、以下をご覧ください
リンク

今後もCORECは業務効率化を推進しながら、スマートフォンやタブレットを活用した「スマートなお店づくり」を支援してまいります。

<参照>
■『お店づくりのスマートシフト』とは
コイニー株式会社が発起人となり、お店づくりに関わるアプリやWebサービスの提供事業者とともに、あたらしいお店づくりのかたちを広め、支援していくことを目的とした運動。その運動の一つ『「スマートシフト」インフォグラフィックシリーズ』では、受発注、POS、決済、予約、会計、勤怠管理など、各事業者のサービス視点で何がどう変りつつあるのかデータをもとにインフォグラフィック化。全体のインフォグラフィックを通じて「スマートなお店づくり」への理解を目指す。決済編に続く第二弾がCORECの仕入れ・発注編。

■COREC(コレック) リンク

[画像2: リンク ]

業種を問わず、すべての企業間取引における注文のやり取りをWeb上で一元管理できるシステムです。企業間取引における受注・発注は、メールやFAX、電話などIT化が進んでいない環境が多く、手間や時間のかかる作業となっています。そこで誰でも簡単に、Web上での受注・発注を可能にしたサービスがCORECです。
受注を取るサプライヤーはWeb上で受注から出荷処理まで管理ができ、受注処の手間とコストを削減できます。また発注をするバイヤーはCORECを利用しているサプライヤーだけではなく、それ以外のサプライヤーにもFAXやメールで発注書を送信でき管理や共有がスムーズになります。

株式会社ラクーン
代表者 :代表取締役社長 小方 功
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立 :1995年9月
資本金 :823,392千円(2017年4月末時点)
株式 :東京証券取引所市場第一部上場 証券コード3031
URL : リンク

プレスリリースに関するお問合せ先
広報担当 大久保・山崎      TEL:03-5652-1692 Mail:pr@raccoon.ne.jp
IR担当 木村   TEL:03-5652-1711

サービスに関するお問合せ先
担当 嶋              TEL:03-5652-1692

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事