logo

名著・古典が紙書籍で読める『青空文庫POD』がAmazon Prime Dayに参加全10,055製品を一律20%OFF!7月10日(月)18:00~7月11日(火)23:59まで



 インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、Amazon.co.jpが7月10日18時より開始するPrime Dayに参加、プリント・オンデマンド(POD)書籍をセール販売いたします。

 NextPublishingメソッドで発行された書籍『青空文庫POD』は、アクセシビリティを考慮し、3種類の文字サイズと判型でレイアウトし、ポケット版、シニア版、大活字版に書籍化しています。
 日本を代表する名作から入手し難い小作品まで貴重な作品を幅広く揃えており、全タイトル3,352点、10,055製品を20%OFFで提供いたしました。
 全集や電子書籍などでは入手できても、単独での入手が困難であった27ページ以下の小作品、菊池寛『女強盗』、坂口安吾『余はベンメイす』、太宰治『貨幣』、永井荷風『放水路』、夏目漱石『文芸委員は何をするか』などお求めいただく絶好の機会です。

 他に『インターネット白書2017』、『大前研一 世界を知る6つの特別講義』、『After Effects自動化サンプルプログラム 上、下』など88点も提供いたしました。売れ行き好調で高額な書籍も一律20%OFFでご購入いただけます。
 この機会にぜひインプレスR&Dのオンデマンド書籍をお求めください。

Amazon Prime Day:
リンク

[画像: リンク ]

<<セール対象商品>>
※価格はすべて希望小売価格(税込)です。

●『青空文庫POD』 27ページ以下の小作品
『おぎん』 芥川 龍之介
『運命と人』 有島 武郎
『いろ扱ひ』 泉 鏡花
『或る秋の紫式部』 岡本 かの子
『女強盗』 菊池 寛
『号外』 国木田 独歩
『余はベンメイす』 坂口 安吾
『芭蕉』 島崎 藤村
『貨幣』 太宰 治
『放水路』 永井 荷風
『文芸委員は何をするか』 夏目 漱石
『ひのきとひなげし』 宮沢 賢治
『黒馬車』 宮本 百合子 など
(ポケット版、シニア版、大活字版 3サイズすべて 432円)

●NextPublishing
『インターネット白書2017』(3,024円)
『After Effects自動化サンプルプログラム 上』(6,912円)
『After Effects自動化サンプルプログラム 下』(4,860円)
『JavaScriptゲームプログラミング 知っておきたい数学と物理の基本』 (3,996円)
『Pythonゲームプログラミング 知っておきたい数学と物理の基本』(3,996円)
『仕事で使える!G Suite』(1,944円)
『StrategicMind 2014年新装版』(2,160円)
『もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1』(1,944円)
『大前研一 世界を知る6つの特別講義』(3,218円)
『1時間でわかるビットコイン投資入門』(1,296円) など


【株式会社インプレスR&D】 リンク
株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。