logo

「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」、 「無印良品」世界旗艦店、日本初「(仮称)MUJI HOTEL」が2019年春開業予定


株式会社読売新聞東京本社(東京都千代田区 代表取締役社長 山口寿一)と三井不動産株式会社(東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、東京都中央区銀座3丁目において、商業とホテルの複合ビルを建設する「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」を推進しており、6月15日に着工、6月19日に起工式を執り行いましたので、お知らせします。テナントには株式会社良品計画(東京都豊島区 代表取締役社長 松崎曉)と小田急グループのUDS株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 中川敬文)が入り、竣工および開業は2019年春を予定しています。

古くからブランドショップが集まる並木通りに面し、銀座有数の賑わいを誇る銀座マロニエ通りに近接する本ビルは、商業施設「MARRONNIER GATE GINZA(マロニエゲート銀座)」を展開する読売新聞の新しい施設となります。銀座を訪れる人の流れを再構築し、9月で開業10年を迎えるマロニエゲート銀座1、今年3月に新装オープンしたマロニエゲート銀座2・3(旧プランタン銀座)と連携しつつ、銀座に新しい魅力を加えます。

本ビルは地下3階、地上10階建てで、地下1階~6階一部が店舗、6階一部から10階がホテルとなります。店舗部分には良品計画が運営する「無印良品」の世界旗艦店が出店します。また、ホテル部分には日本で初めての展開となる「(仮称)MUJI HOTEL」が入居します。「(仮称)MUJI HOTEL」は、良品計画がコンセプトの提供及び内装デザインを監修し、無印良品の家具やアメニティグッズを揃えます。ホテルの設計・運営はUDSが行います。

三井不動産は事業主である読売新聞東京本社から委託を受け、デベロップメントマネージャーとして、開発計画の立案、設計・施工管理、テナント誘致等を行い、竣工後はテナントへのマスターリースを担います。

【「マロニエ×並木 読売銀座プロジェクト」概要】
所在地:東京都中央区銀座3丁目103番3、4、6、14、15、21、40(地番)
事業者:株式会社読売新聞東京本社
アクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅 徒歩2分/東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 徒歩2分/JR「有楽町」駅 徒歩3分
敷地面積:約1,343m2 (約406坪)
延床面積:約14,219m2 (約4,301坪)
施設概要:店 舗 地下1階~6階一部 、ホテル 6階一部~10階  
構造規模:地下3階、地上10階、塔屋2階建、S、SRC造、最高高さ:58m
基本設計・工事監理:株式会社石本建築事務所
実施設計・施工:株式会社竹中工務店
着工:2017年6月15日
竣工・開業:2019年春予定

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事