logo

「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」 欧州新酒を今年も発売

キリン株式会社 2017年07月05日 14時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 代野 照幸)は、フランス、イタリアの2017年新酒の受注を7月上旬より全国で開始し、「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」を含むフランス産新酒を11月16日(木)から、イタリア産新酒「ヴィノ・ノヴェッロ 2017」を10月30日(月)から全国で発売します。

当社は今年も、アルベール・ビショー社の「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」を中心に、ロゼやノンフィルター(無濾過)のヌーヴォーなど、多様化するニーズにお応えするラインアップを取り揃えました。また「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」※1で2015・2016年、2年連続金賞に輝いた「アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー シャトー・ド・ヴァレンヌ」のハーフサイズを新発売します。豊富なラインアップでお客さまの選択の幅を広げ、ワイン市場の拡大に貢献します。
※1 ボージョレ・ヌーヴォー解禁日に先駆け、「ボージョレ・ヌーヴォー」「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」「ボージョレ・ヌーヴォー・ロゼ」を
ワイン専門家や醸造技術士が審査する世界唯一のボージョレ・ヌーヴォーのコンクール。フランス醸造技術士協会が後援。毎年数百のワインが出品される。

11月の輸入ワインの課税数量はボージョレ・ヌーヴォーの輸入により年間を通じて最大数量※2となり、日本国内において「ボージョレ・ヌーヴォー」の解禁は普段ワインを購入されない方も購入のきっかけになるなど、ワインの飲用機会につながるイベントとして定着しています。一方当社の調査※3で、「ボージョレ・ヌーヴォー購入者の91%が事前に購入銘柄を決めていない」と明らかになったことから、店頭でのプロモーションの強化を図ります。ボージョレ・ヌーヴォーと相性がよく、写真映えもする料理「ボジョめし」を店頭で訴求し、さらにホームページでも連動した企画を展開することで、家庭での飲用シーンを演出します。
※2 課税数量は国税庁発表資料を元に算出。
※3 2016年ボージョレ・ヌーヴォーWEB調査

【アルベール・ビショー社について】
毎年ロンドンで開催されている「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」にて、白ワイン、赤ワインそれぞれの部門で「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」※4に選ばれた世界的に評価の高いブルゴーニュの名門ワイナリーです。
同社「ボージョレ・ヌーヴォー」の2010ヴィンテージは、フランス・リヨンで開催されたコンクール「第10回 トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」にて「大金賞」に輝きました。
※4 2004年にレッド・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー、2011年にホワイト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

メルシャン株式会社は、ワイン事業スローガン「ワインのおいしい未来をつくる。」のもと、ワインのある豊かな時間を通じて、人と人とのつながりを楽しんでいただけるよう、さまざまな提案を続けていきます。

*添付資料:商品概要・・・1枚 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。