logo

【電気自動車の無料貸与】東京都市大学 電力システム研究室が「EV活用アイデアコンテスト」で最優秀賞を受賞 -- 再生可能なエネルギーをEVへ充電し、他施設へ運び給電・シェアする。 --

東京都市大学 2017年07月05日 08時05分
From Digital PR Platform


東京都市大学 電力システム研究室は、「EV活用アイデアコンテスト」(主催:東京電力ホールディングス株式会社)で最優秀賞を受賞した。最優秀賞を受賞した同研究室のプランは、再生可能エネルギーを電気自動車(Electric Vehicle、以下「EV」)へ充電し、そのエネルギーを他施設へ運んで給電・シェアするというもので、その実現性・社会性・EVの特有性が高く評価された。


 「EV活用アイデアコンテスト」(主催:東京電力ホールディングス株式会社)は、EVのさらなる普及促進を目的として開催され、EVを活用した新しい事業・技術アイデアを自ら実証実験する提案を広く募集。優秀アイデア提案者には、主催企業よりアイデアの実現を支援するため、EV(日産自動車:e−NV200)が最長3年間無料で貸与される。

 同コンテストでは、応募総数23件の中から「最優秀賞」1件と「優秀賞」4件が選ばれ、東京都市大学 工学部電気電子工学科 電力システム研究室は最優秀賞を受賞した。同研究室のプランは、再生可能エネルギーをEVへ充電し、他施設へ運び給電・シェアすることを目的とした実証試験を、世田谷・等々力・横浜の3キャンパス間で行うというもの。充電を再生可能エネルギーである太陽光・風力発電で行うことが特徴で、大規模な発電所を増設することなく、持続可能で環境に優しいシステムの創造を目指す。

(参考:東京都市大学HP内)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 東京都市大学 企画・広報室
 TEL: 03-5707-0104(代)
 E-mail: toshidai-pr@tcu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。