logo

PCのデータと情報漏洩をゼロにするソフトウェア 「SECUDRIVE File Centralization」を販売開始

ブレインズスクエア株式会社 2017年07月04日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年7月4日

ブレインズスクエア株式会社

PC端末にデータを残さず、ローカルPC上のファイルを
社内のストレージやサーバーに強制移行することで、
機密データの漏洩を防止するセキュリティソフトウェア
「SECUDRIVE File Centralization」を販売開始

ブレインズスクエア株式会社(日本支社:東京都千代田区、日本支社長:金 暎埈、以下、ブレインズスクエア)は、PCのデータと情報漏洩をゼロにするセキュリティソフトウェア「SECUDRIVE File Centralization(以下、SECUDRIVE FC)」の販売を開始いたしました。
リンク

SECUDRIVE FCは、PC端末にデータを残さず、ローカルPC上のファイルを社内のストレージやサーバーに強制移行することで、高セキュアでユーザーの利便性を損なわないPC環境を提供し、ファイルのコピー、印刷、キャプチャー、ネットワーク転送による社内の機密データの漏洩を未然に防止できるセキュリティソフトウェアです。

高額な導入・運用コストが発生するVDI構築と比べて、低コストで業務に支障をきたさないパフォーマンスが維持でき、導入に手間がかからず、ネットワーク接続がされていないオフライン時に利用できるほか、強固な情報漏洩防止(DLP)機能により、社内の機密データの漏洩を防ぐことができます。

【製品特徴】
・ローカルPCへのファイルの保存・編集の禁止、デスクトップ上のファイルの強制移行
・ストレージやサーバーに格納されたデータに対して、情報漏洩防止(DLP)機能を搭載
・AES256暗号化により、PC端末が盗難、紛失における機密データの漏洩を防止
・プロセス実行時でのホワイトリストチェックによるランサムウェア遮断
・ネットワークに接続できない環境でのPC端末のオフライン利用

専用プログラムをポリシーサーバー、クライアントPCにインストールすることで、新規ファイルの作成やローカルPCへの保存や編集を禁止させ、未登録のリムーバブルディスクにもファイルを保存できないように設定することができます。また、セキュリティエリアに保存されたファイルは暗号化だけでなく、情報漏洩防止(DLP)機能により、ファイルサーバーやNASにあるファイルに対して、ファイルコピー、クリップボードコピー、印刷、キャプチャー、ネットワーク転送(メール、メッセンジャー、クラウドストレージ)などを制御することも可能です。

【画像: リンク

~ランサムウェア遮断機能を実装~
アプリケーションソフトをホワイトリストとして管理することで、許可されたアプリケーションのみファイルにアクセスさせることから、ランサムウェアの遮断が可能となります。サーバーに保存されたすべてのファイルはホワイトリストチェック機能により、社内の機密データを保護します。

~モバイルワーク環境でも情報漏洩を気にせず業務が可能~
社外など、ネットワークに接続できない環境においては、クライアントPCにセキュリティエリアを設定することで、作業中のファイルをPC内のセキュリティエリアに保存が可能です。なお、情報漏洩防止(DLP)機能により、セキュリティエリアに保存されたファイルは、すべて暗号化されるので、外出時にノートPCを紛失しても、外部へ情報が漏洩することはありません。また、ファイルをエクスポートする必要がある場合、別途、弊社セキュリティソフトウェア「SECUDRIVE File Transfer」により、管理者にファイルのエクスポートを申請することで、ファイルをダウンロードすることができます。

【画像: リンク

【プログラム動作環境】
- ポリシー管理サーバー:Windows Server 2008 / 2012R2 / 2016, Linux
- 管理コンソール:Windows 10, 8.1, 8, 7
- クライアントPC:Windows 10, 8.1, 8, 7
【製品種別】Basic Edition/Office Edition/CAD Edition

【画像: リンク

-ブレインズスクエア株式会社について-
SECUDRIVEを開発、販売しているブレインズスクエア株式会社(Brainzsquare, Inc.)は、2000年3月に韓国で設立され、主にIT統合監視システムやセキュリティソリューションを提供しております。また、2012年9月に米国法人、2015年11月には日本支社を設立致しました。

-機密情報漏洩防止ソリューションSECUDRIVEについて-
「企業の機密情報をよりセキュアに、よりシンプルに」をコンセプトに開発されたSECUDRIVEは、ファイルサーバーセキュリティ、USBメモリからなる情報漏洩防止プログラムで、業務の利便性を下げずに情報漏洩を防止したい企業様に最適なソリューションとして提供しております。

・SECUDRIVE File Server:ファイルサーバーにある機密情報が社外に流出しないように安全に制御。
・SECUDRIVE USB:USBメモリに保存されているファイルの流出を防ぐ情報漏洩防止(DLP)機能が搭載。
・SECUDRIVE Device Control:PCやUSBメモリなどのデバイスを制御し、機密情報の漏洩を防止。
・SECUDRIVE Sanitizer:USBやCD-ROMからのブートが不要で、ハードディスクを一度に完全消去。

-本リリースに関するお問い合わせ先-
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-1-7 神田Y5ビル4F
ブレインズスクエア株式会社 藤田
TEL:03-5207-2453
E-mail:sales@secudrive.jp

※リリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容および企業情報などは発表日現在のものです。
※SECUDRIVEはBrainzsquare, Inc.の登録商標です。また、こちらに記載の各製品名は、各社の商標または登録商標です。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事