logo

低価格・高機能な映像解析システム開発プラットフォーム「SCORER」を提供するフューチャースタンダード総額2.1億円の第三者割当増資を実施

株式会社フューチャースタンダード 2017年07月04日 12時27分
From PR TIMES

スマートカメラを活用したIoTソリューションを低価格で提供する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史、以下「フューチャースタンダード」)は、スパイラルベンチャーズ(本社:東京都港区、代表パートナー:奥野友和)、合同会社テックアクセルベンチャーズ(本社:東京都港区、職務執行者:安岡伸浩)及び既存株主を割当先とする第三者割当増資により、総額2.1億円の資金調達を完了しましたことをお知らせします。



第三者割当増資の目的

「SCORER(スコアラー)」 ( リンク )の新規顧客獲得のためのマーケティング活動および、認知向上のためのPR活動を強化してまいります。

我々が映像に着目している理由は、映像撮影自体が身近な存在になったことにあります。たとえば今ではスマホですぐに映像を親指一本で撮影できます。また街中のあらゆるところに監視カメラなども存在しています。このような映像データは想像を絶するスピードで爆増しています。


今やディープラーニングにより静止画の解析技術は進み、技術力がなくても画像解析がブラウザでできる時代になりましたが、映像の解析となるとまだまだその手軽さを実現できていません。

具体的には、解析エンジン自体が手に入りにくく高価で、かつ専門知識を持った技術者しか扱えません。

「SCORER」は大手システム開発企業や最先端AIベンチャー企業とのパートナーシップ提携を行うことで、高機能な映像解析エンジンをクラウド上で簡単に組み合わせて扱うことが可能な、映像解析プラットフォームです。

すでに「SCORER」を導入しているクライアントでは、その膨大な映像データの解析を行うことで、危険を自動的に検出する機能や、機器の異常を自動的に検知する機能、さらには人の行動を把握する機能などを実装しビジネスの成長に活用しています。

フューチャースタンダードでは「SCORER」を映像解析システム開発プラットフォームとして世界に浸透させ、映像解析を身近なものにすることで、「世界の『見える化』を加速させる」を実現してまいります。

スパイラルベンチャーズ担当者のコメント

スパイラルベンチャーズ プリンシパル 千葉様
映像解析の市場は、グローバルに爆発的な拡大が予想されています。「SCORER」は、あらゆる用途の映像解析ソリューション構築を劇的に低価格化・短納期化することで、様々な産業領域における映像解析の利活用を押し広げられる潜在力を持っています。また、運営チームがハード・ソフト両面で高いモノ作り力を有している点も評価しています。今後、映像解析のインフラとなるサービスに成長していくことを大いに期待しております。

「SCORER」とは

「SCORER」はカメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・簡単」に映像解析システムを開発できるプラットフォームです。

「SCORER」の特徴は、大手システム開発企業やAIベンチャーなどが保有している、一般的には利用できない様々な高性能・高機能な映像解析技術、ネットワーク技術、クラウド技術、組込み技術の提供を受けることで、それらを一元的に管理利用できる点にあります。

具体的には、カメラからの映像入力、ネットワーク、AI含む映像解析アルゴリズム、そして可視化・通知の部分まで、それぞれの機能をモジュールとして用意してあるため、例えば実現に多くの工数を割く屋外で使える人数カウントシステムや、顔認証を使った入退室管理デバイスの製造などを、ニーズに合わせてスピーディーに検証から導入まで行うことができる開発者向けの、低価格バックエンドサービス群になります。

○「SCORER」サービスサイトはこちら
リンク


「SCORER」の映像解析結果サンプル動画
「SCORER」の強みは、高度な映像解析を簡単・安価に行えることです。
これまでオフラインではなかなか分析することが難しかった、もしくは調査するにも費用が莫大にかかっていた調査・分析案件をクライアント様から多数いただいております。

現在映像解析においてニーズが多いのは以下のような解析内容となります。


● 車両検知
  →利用例:交通量調査
● 動線分析
→利用例:工場の中の人の行動分析による生産性向上
● 顔検知・通行人検知
→利用例:小売店向けオフラインでの来客者情報収集。また広告媒体向けのサイネージ広告の閲覧者属性データの収集

○サンプル動画
車両検知のサンプル動画とスクリーンショットと参考映像は下記よりご覧ください。

●車両検知サンプル動画はこちら(Youtube)
※プレスリリース用にプライバシー保護のためモザイク処理を施しております。
リンク


車両検知サンプル画像
[画像: リンク ]



今後の活動について

今回の調達にて新規顧客獲得を進め、2018年2月末までに「SCORER」導入顧客数を200社、月商5,000万円を目指します。

株式会社フューチャースタンダードとは

株式会社フューチャースタンダードは「未来の普通を予測し実現する」ことを目的に 2014 年 3 月 4 日に設立しました。
映像解析技術が広く認知されてまいりましたが、まだ各技術の利用環境は使い勝手、価格面で利用しづらいというのが実態です。

フューチャースタンダードは、最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・簡単」に映像解析システムを開発できるプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」、エンタープライズクオリティの監視ソリューションをリーズナブルに提供する「SCORER Surveillance(スコアラー サーベイランス)」提供することで、だれでも、簡単、リーズナブルに映像解析技術を使える ようにし、世の中をより便利にいたします。

株式会社フューチャースタンダード会社概要


会社名   :株式会社フューチャースタンダード
ホームページ:リンク
代表取締役 :鳥海哲史
設立日   :2014年3月4日
本社所在地 :東京都文京区本郷4丁目37番17号
資本金   :1億7,426万円
電話番号  :03−6801−5531
メールアドレス:info@futurestandard.co.jp
事業内容  :
1. 最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・簡単」に映像解析システムを開発できるプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」事業
2. エンタープライズクオリティの監視ソリューションをリーズナブルに提供する「SCORER Surveillance(スコアラ ーサーベイランス)」事業。
3. 映像解析に関わるコンサルティング事業
4. 映像解析に関わる受託開発事業


お問い合わせ先
メール:info@futurestandard.co.jp
電話  :03−6801−5531
担当者:藤井大地(広報担当)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事