logo

電車やバスでキャンプに行こう。キャンパーのためのスーツケース発売。

ビーズ株式会社 2017年07月13日 14時25分
From 共同通信PRワイヤー

2017/07/03

ビーズ株式会社

電車やバスでキャンプに行こう。
キャンパーのためのスーツケース発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア) リンク」は2017年7月3日、キャンパー用スーツケース「キャンパーノ・コロコーロ リンク」を発売します。

【画像: リンク

<「キャンパーノ・コロコーロ」が提案する新たなキャンプスタイル>
 「キャンパーノ・コロコーロ」は、「スーツケースでキャンプ」という気楽で新しいキャンプスタイルを提案する製品です。 縦長設計のスーツケースなので、テントや寝袋、折りたたみテーブルなど、キャンプに必要な道具の収納も可能。 容量58Lで、1~2人分の道具を収納できます。

【画像: リンク

 キャンプというと、クルマに荷物を積んで行くもの、というイメージが根強いのが実情です。 しかし実際には、電車やバスなどの公共交通機関で行けるキャンプ場は全国に存在しており、入り口までは道路の舗装がされているところも少なくありません。 クルマやバイクがなくても、より気軽に電車やバスでキャンプに行けるようにしたいとDOPPELGANGER OUTDOOR(R)は考え、この度本製品をリリースします。

【画像: リンク

<製品特長>
 「キャンパーノ・コロコーロ」は通常のスーツケースよりも縦長なのはもちろん、スリムな設計にしてあるため、キャンプ場への道中の電車やバスの中でも邪魔になりにくく、改札やエスカレーターなどもスムーズに利用できます。
 スーツケースの前面部分にはストラップが配置されており、スーツケース内に入らなかったキャンプ道具を差し込んで運ぶことが可能。 このストラップを応用すれば、キャンプ場などでの未舗装路で一時的に背負って移動することもできます。

【画像: リンク

 スーツケースの開閉部には防水ジッパーを使用。 キャンプに向かう途中で雨が降っても中身が濡れる心配もありません。
 スーツケース前面部はフラットな形状なため、キャンプ場に着いて荷物を出したた後は、ローテーブルとして転用することもできます。

【画像: リンク

 スムーズに運搬できる4輪キャスターを採用し、そのうち2輪にはロック機能を搭載。 電車内などでキャスターを固定しておきたいシーンで活躍します。 4輪とも交換可能で、別売のスペアキャスターも同時展開。 万が一、キャスターが破損したりすり減ったりした際に交換することができます。

【画像: リンク

<製品スペック詳細>
【製品名】キャンパーノ・コロコーロ
【型番:カラー】CC1-514:カーキ
【サイズ】外寸:(約)W360×D240×H880mm
     ケース内寸:(約)W320×D230×H790mm
     ※ハンドル引き出し時の高さ:(約)1060mm
【重量】(約)4.4kg
【容量】(約)58L
【材質】本体:ABS+PC(ポリカーボネイト)、内装:ポリエステル
    ハンドル:アルミ、キャスター:TPE、PVC
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:18,000円)
【製品ページ】リンク
【イメージ動画】リンク

【製品名】キャンパーノ・コロコーロ スペアホイール(4個)
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:3,200円)
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事