logo

【チャットボット発表】ニュースサイト「日刊ゲンダイDIGITAL」が Facebook Messenger メディアボット管理システム「fanp」を導入 - 運用をスタート

ZEALS 2017年07月03日 11時00分
From PR TIMES

- PVからエンゲージメントへ、チャットボットで読者とのエンゲージメントを築く -

Facebook Messenger メディアボット管理システム fanp (旧:BOT TREE)を展開する株式会社 ZEALS(ジールス)(所在地:東京都品川区、代表取締役:清水正大)は、株式会社日刊現代(本社:東京都中央区、代表取締役:寺田俊治)が運営するニュースサイト「日刊ゲンダイDIGITAL」に同システムを導入し、Facebook Messenger メディアボット「日刊ゲンダイ・メッセンジャー」をリリースいたしました。



[画像1: リンク ]


■ Messenger チャットボット「日刊ゲンダイ・メッセンジャー」概要
「日刊ゲンダイDIGITAL」は、大きなメディアが忖度して書かないようなことにズバズバ斬り込むニュースメサイト。記事には大衆の本音、怒り、疑問がギッシリ詰まっています。
「日刊ゲンダイ・メッセンジャー」は、その中から厳選した記事を、情報感度や問題意識の高いユーザーに向けて Facebook Messenger でお届けするサービスです。
具体的には1日に数回、日刊ゲンダイDIGITALの新着記事や注目記事が Facebook Messenger に届きます。さらに、アンケートやコンテンツに対してのレビューなど、ファンの方々が「日刊ゲンダイDIGITAL」のコンテンツ作りに参加できる取り組みも行います。

日刊ゲンダイ・メッセンジャー(チャットボット):リンク

[画像2: リンク ]



■「PV から、エンゲージメントの時代へ。」
人々の価値観が多様化し、マスだけではなく、ニッチに響くかが重要になってきている現代において、Webメディアのあり方も問われ直しています。PV さえ集まれば良い、といったスタンスでの運用は限界に達しています。
今、重要なのは「浅く・広く」ではなく、「狭く・深く」です。
読者とエンゲージメントを築き、ファンになってもらうこと。そして、ファンの方々と共に、メディアをより良いものへと協創していくことが重要という考えから、メディアボットの取り組みに至りました。チャットの持つ、双方向性・手軽さ・身近さといった強みを活かしファンとの繋がりを深めることで、ファンの方々により喜んで頂くことを目的にしています。

[画像3: リンク ]



■ 「fanp (ファンプ)」概要 - Facebook Messenger チャットボット管理システム
fanp (リンク)は、「あなたのメディアにファンとの繋がりを」をコンセプトにした、各メディア様がファンに記事を届け、コミュニケーションを行うチャネルとして Facebook Messenger を活用できる「新しい会員システム - チャットボットCRM」です。(累計400社超に導入)
企業様は、簡単に Messenger 上で企業アカウントを立ち上げることができ、ユーザーリストやアナリティクスといったチャットボット用の CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理) 機能を通じて、チャットボットをメディア各社様の会員登録のシクミにご活用いただけます。この Messenger を通じて記事を届けるチャットメディアは、メルマガに比べ開封率 15 倍・クリック率 13 倍・離脱率 8% 以下という成果を出しています。初動で一気にユーザーをメディアボットに集客する新メニュー「fanp Boost」プランもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

fanp 紹介サイト:リンク
fanp 紹介ボット:リンク

[画像4: リンク ]



■ 株式会社 日刊現代
設立:1975年9月27日
所在地:東京都中央区新川1丁目3番17号 新川三幸ビル
代表取締役:寺田俊治
日刊ゲンダイDIGITAL:リンク


■ 株式会社 ZEALS
設立:2014年4月1日
所在地:東京都品川区西五反田8丁目8-15 カーニープレイス五反田3F
代表名:代表取締役CEO 清水正大
コーポレートサイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。