logo

ランサムウェア「WannaCry」がもたらした被害と拡大原因

ウイルス対策会社の広報・マーケティング部門の従業員は、WannaCry攻撃(5月12日、金曜日に開始)に続く週を覚えています。人々はたくさんの質問をし、また、なぜロシアが最も攻撃に苦しんだのか尋ねました。

###

統計で議論するのは難しいですが、なぜロシアでの被害が多かったのかについて、専門家はあらゆる仮説を立てました。

最初の理由は、ソフトウェアの著作権侵害のレベルと関係があります。ソフトウェアの著作権侵害が、ロシアではよく起きていることを誰もが知っています。 違法にソフトウェアを使用している人は、コンピュータがブロックされてしまうことを恐れ、アップデートをインストールすることを非常に嫌っています。

第2の理由は、システム管理者の給料が低く、また、雇用主には多額の給料を払う余裕がありません。 そのため、多くの企業は、有能なシステム管理者を雇うことができません。

第3の理由は、ビジネスプロセスの組織化が不適切であることです。具体的には、企業のコンピュータで使用されている古いソフトウェアと、更新プログラムがインストールされていないという点です。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事