logo

「LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応 縦型・横型配信や長時間配信など、様々な配信が可能に

LINE株式会社 2017年06月22日 15時56分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化



LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」 リンク において、6月14日(水)より、PC WEBブラウザ版から、配信ソフトウェアを使用し、ライブ配信することが可能となりましたので、お知らせいたします。

これまでLINE LIVEでは、アプリからのみ配信が可能でしたが、PC WEBブラウザ版のメニューに「PCから配信」という項目を追加し、配信ソフトウェアを使って、ライブ動画配信を行えるように改善しました。配信ソフトウェアを使うことで、様々な配信ができます。例えば、ゲームの実況において、プレイ画面も同時に映すことや画面上にグラフィックを組み込むこと、複数プラットフォームからの同時配信ライブも可能となります。また、横型・縦型を選択して、ライブ配信を行うことができます。そして、配信時間は、PC WEBブラウザ版からの場合は最長3時間となり、最長1時間のアプリからの配信に比べると、長時間の配信が可能です。

今回の機能追加にあたり、ゲーム配信が行いやすくなったことから、LINE LIVEでは、社内外でのゲーム配信を強化してまいります。その一例として、6月19日(月)には、でんぱ組.incの古川未鈴さんがLINE GAMEから配信中の「LINE レンジャー」の実況に初挑戦し、LINE GAME、LINE レンジャー、でんぱ組.incの三つの公式アカウントから生配信を行いました。配信では、視聴者から寄せられるコメントのアドバイスを受けながら難関ステージをクリアし、一体感ある実況配信となりました。

LINE LIVEでは、今後もユーザの皆様に楽しんでいただけるよう、機能のアップデートとコンテンツの提供、サービスの向上を目指してまいります。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]






■配信ソフトウェアを使用してPC WEBブラウザ版から配信することで、様々な配信が可能に
<例>
・自分や他者のプレイ画面など、複数の画面を同時に映して行うゲーム実況。
・縦型配信・横型配信のどちらの形式にも対応。
・複数プラットフォームからの同時配信。
※配信の際の機能は、使用される配信ソフトウェアの機能に準じます。

■配信方法:
<1>PC WEBブラウザ版 LINE LIVE ( リンク ) にログインした後は、右上の自分のアイコンをクリックして、メニューを表示し、「PCから配信」を選択します。
※PC WEBブラウザ版は、Twitter IDからのログインに対応していないので、LINE IDとの連携が必要です。


<2>ご自身の配信に必要なストリームURLとストリームKeyが表示されるので、専用の配信ソフトウェアに設定します。
※「Open Broadcaster Software」「Wirecast」「XSplit」などの様々な配信ソフトウェアに対応しています。

【解像度推奨値】
■縦型で配信する場合:720×1,280
■横型で配信する場合:1,280×720

【ビットレート推奨値】※Open Broadcaster Softwareの場合
■エンコーダー ソフトウェア x.264
■映像ビットレート 2,000
■音声ビットレート 192(192kbps以上で任意に設定)

<3>配信ソフトの配信開始ボタンをクリックする。

【ゲーム配信の取り組みについて】
横型配信の特長を活かし、ゲーム配信に力を入れてまいります。6月19日(月)には、でんぱ組.incの古川未鈴さんが防衛バトルゲーム「LINE レンジャー」の実況に初挑戦いたしました。

<番組概要>
■タイトル:古川未鈴を救え!「LINE レンジャー」実況SP
■日時:6月19日(月)19:00
■内容:「LINE レンジャー」×「ストリートファイター」コラボを記念して、でんぱ組.incの古川未鈴さんが
「LINEレンジャー」の実況に初挑戦。

■アーカイブ配信URL
・LINEレンジャー
リンク
・LIVE ゲーム
リンク
・でんぱ組.inc
リンク

■「LINE LIVE」アプリ概要
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2015年12月10日
価格:ダウンロード無料
開発・運営:LINE株式会社
著作権表記:(C)LINE Corporation
App Store リンク
Google Play リンク
WEBブラウザ版 リンク
LIVE 公式サイト リンク
公式twitter リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事