logo

Doctor Web、仮想通貨をマイニングするトロイの木馬について警告

マイニングトロイの木馬は感染させたデバイスのコンピューティングリソースを使用して仮想通貨をマイニングする悪意のあるプログラムです。Doctor Webのアナリストは、Windowsコンピューターを感染させる能力を持ったそのようなトロイの木馬の1つについて調査を行いました。

###

Trojan.BtcMine.1259 と名付けられたこの悪意のあるプログラムは、仮想通貨Monero (XMR)をマイニングするよう設計されていました。このマイナーは Trojan.DownLoader24.64313 によってコンピューター上にダウンロードされ、さらに、この Trojan.DownLoader24.64313 はバックドアDoublePulsarによって拡散されます。

起動されると、 Trojan.BtcMine.1259 は感染させたコンピューター上で自身のコピーが動作していないかどうかを確認します。次に、プロセッサのコア数を確認し、その数がトロイの木馬の設定ファイル内で指定されたスレッド数よりも多いか、または同じであった場合は、自身の本体内に保存されたライブラリを復号化してメモリ上にロードします。このライブラリは、Gh0st RATとして知られる、オープンソースコードを持ったリモート管理システムの改変されたバージョンです(Dr.Web Anti-virusによって BackDoor.Farfli.96 として検出されます)。続けて Trojan.BtcMine.1259 は自身のコピーをディスク上に保存し、それをシステムサービスとして起動させます。正常に起動されると、設定ファイル内で指定されたアドレスのC&Cサーバーからアップデートをダウンロードしようと試みます。

仮想通貨Moneroをマイニングするよう設計されたメインのモジュールもまた、ライブラリとして実装されており、 Trojan.BtcMine.1259 には32ビット版と64ビット版の両方のマイナーが含まれています。感染したコンピューター上でいずれのトロイの木馬が実行されるかは、OSのビット数によって決まります。このモジュールの設定ファイルでは、仮想通貨のマイニングに使用されるプロセッサのコア数とコンピューティングリソース量、マイナーが自動的に実行される間隔、およびその他のパラメータが指定されています。 Trojan.BtcMine.1259 は感染したコンピューター上で実行中のプロセスをトラッキングし、タスクマネージャーの起動が試みられると、自身の動作を終了させます。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事