logo

China International Aquatic Products Expositionに世界の購入者が参集

2017 China International Aquatic Products Exposition 2017年06月20日 16時54分
From 共同通信PRワイヤー

China International Aquatic Products Expositionに世界の購入者が参集

AsiaNet 69007 (0922)

【湛江(中国)2017年6月20日新華社=共同通信JBN】2017年China International Aquatic Products Exposition(CIAPE 2017、中国国際水産博覧会)および China Seafood Procurement Fair(中国海鮮食材購入大会)がZhanjiang International Convention and Exhibition Center(湛江国際会議・展示センター)で18日開幕した。「中国の養殖産業と世界を結び、全世界がこの盛況の恩恵を受ける」ことを使命に、CIAPE 2017は中国の水産物の品質と安全性に特に重点を置くと共に、一帯一路構想の促進により生じた戦略的な機会を利用して国内外の水産物・海鮮食材業者および漁業装置製造業者のための業界全体を包括するワンストップの取引プラットフォームの構築を目指す。

博覧会は200を超す出展者と3000以上の購入者のほか、米国、インド、イラン、一部の欧州連合(EU)諸国を含む外国・地域および30を超える中国の省(市、区)から外食産業界の有力者が多数参加すると伝えられている。初日の来場者は2万人を超えた。

展示には、あらゆる水産物と養殖技術、装置、餌、薬剤に加え、さまざまな給餌装置、加工・保存の技術と装置、環境保護と殺菌のための技術と装置が含まれる。

さらに会期中、湛江は水産物に関する国のWTO/SPS協定の研究・評価拠点として正式に指定された。これにより政府、養殖協会および事業者は一丸となって、外国の技術的な貿易措置への対処を進め、不公正な貿易障壁を撤廃し、システム改革、業界変革と改善を促す技術的な貿易措置を活用、国際的なルールの下で中国の養殖業界の利益を保護することを目指す。

主催者によると、CIAPE 2017は6月20日までの開催で総取引高は210億人民元に上る見込みである。

ソース:2017 China International Aquatic Products Exposition

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。