logo

人工知能のパーソナルスタイリスト『Riko』が着こなし提案をしてくれる! LINEアカウントにて提供開始 - 株式会社ニューロープ

株式会社ニューロープ 2017年06月20日 09時00分
From PR TIMES

人工知能パーソナルスタイリストの『Riko』と人工知能ショップ店員の『Mika』がファッションをもっと自由にする

ファッションベンチャーの(株)ニューロープは、着こなしの解説を丁寧にしてくれるパーソナルスタイリストのRikoと、コーディネート提案をしてくれるショップ店員のMikaをLINE上でリリースしました。
どなたでも、LINEで友達申請をするだけで、無料でご利用いただけます。
いずれも人工知能で、ニューラルネットワークに基づき、約100万枚のファッションスナップを教師データとしています。



[画像1: リンク ]


丁寧に着こなしを解説してくれる、人工知能パーソナルスタイリストの『Riko』

[画像2: リンク ]

『Riko』は人工知能のパーソナルスタイリスト。
LINEのチャットで自分のファッションスナップや持っているアイテム、買おうか悩んでいるアイテムの写真を投稿すると、そのアイテムをどのように着こなすと良いのか、具体的にアドバイスしてくれます。


[画像3: リンク ]

チャットボットに写真を投稿すると(上)、着こなしの見本を提示しながら、丁寧にアドバイスしてくれます(下)。

[画像4: リンク ]


様々なコーディネートを提案してくれる、人工知能ショップ店員の『Mika』

[画像5: リンク ]


『Mika』は人工知能のショップ店員。
LINEのチャットで自分のファッションスナップや持っているアイテム、買おうか悩んでいるアイテムの写真を投稿すると、「こんなアイテムと合わせられますよ!」と、そのアイテムを取り入れた様々なコーディネートを提案してくれます。
また、提案されたコーデのリンクをタップすると、コーデに取り入れられているアイテムの類似商品をそのまま買うことができます。

[画像6: リンク ]

提案されたコーデの中から気になったものをタップすると(上)、そのコーデに取り入れられているアイテムの類似商品を購入できます(下)。

[画像7: リンク ]


人工知能に寄せられる期待と可能性
アパレルショップの現場では、人手不足の問題が長らく解決されずにいます。
また、アパレル通販サイトに至っては、そもそも接客と呼べるような機能が提供されていないのが現状です。
RikoやMika、およびそこに利用されている技術要素は、この問題を埋め合わせる可能性を秘めています。

また、顧客側の視点でも、
- 買わないかもしれないのにわざわざ時間を取るのは悪い
- 吟味する前から商品を売り込まれたくない
といった、ショップ店員との間に場合によっては横たわりがちな問題を解決しうるのも、人格を持たない人工知能ならではです。

一般的な情報を提供したり、膨大な情報の中から選択肢を提供したりといったことを人工知能は得意としています。
顧客の気持ちにフィットして気分を高めることを得意とする人間と手を組み、それぞれの領域に特化してパフォーマンスを出せば、最高の顧客体験を生めることでしょう。

株式会社ニューロープは、Riko & Mikaのバックエンドにも使われている、ファッションスナップを自動認識する技術をAPI『#CBK scnnr(カブキスキャナ)』として第三者企業に提供する取り組みを既に始めています。
これによって、企業は自社の通販サイトや店舗オペレーションの改革を推進することができます。

なお、Riko & Mikaのイラストは東京都の選出するアニメクリエイター8組に選ばれた山元隼一が手がけています。
彼女たちはニューラルネットワークに基づき、100万枚を超えるファッションスナップを教師データとして現在も進化を続けています。ファッション業界をもっと自由で楽しいものに、裏で表で着実に塗り替えつつあります。

人工知能パーソナルスタイリスト『Riko』: リンク
人工知能ショップ店員『Mika』: リンク
[画像8: リンク ]


Riko解析結果例: リンク
Mika解析結果例: リンク
法人向けファッションスナップ自動解析API『#CBK scnnr』: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事