logo

Dr.Web 11.0 for UNIX Mail ServersおよびDr.Web 11.0.3 for Linuxの ベータテストを開始

Doctor Webは、Dr.Web 11.0 for UNIX Mail ServersおよびDr.Web Anti-virus 11.0.3 for Linuxのベータテスト参加者を募集します。両製品ともに、徹底的に機能の見直しが行われ、管理がさらに容易となり、セキュリティを強化する新機能が搭載されました。

###

Dr.Web for UNIX Mail Serversでは、以下の変更が行なわれました。
同製品のアーキテクチャーが一新されました。今回のアップデートでは、メールサーバーの標準サービス(Milter、 Spamd、 Rspamd)を使用することにより、使用中のメールサーバーのインフラとの連携が可能となり、サーバーとの統合が不要となりました。
標準的なメールプロトコル(SMTP、POP3およびIMAP)を用いる転送経路上で、メールサーバーとクライアントに対し透過的になるように、本製品を構成するオプションが追加されました(GNU/Linuxのみ対応)。
望ましくない受信メールの内容は隔離への移動ではなく、パスワードで保護されたアーカイブに保存されます。
独自の管理用ウェブインタフェースが搭載されたことにより、Webminの利用が不要になりました。
OpenLDAPおよびActive Directoryサービスからの情報を、メールフィルタリングルールに用いることが可能になりました。
製品に関する統計情報および重要なイベント(例えば、メールのブロック)に関する通知をSNMP経由で送信する機能が追加されました。
Milter/Spamd/Rspamdを利用できないメールサーバーにおいて、Clamdを用いてメールを検査することが可能になりました。
DNSxLを利用したメール送受信者のアドレス検査の実行が可能になりました。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事