logo

ヤマハ「VOCALOID(TM)」× LINE「Clova」新たな音楽体験の提供に向けたLINEとのパートナーシップ締結について

人工知能を活用した「作曲して歌う」新製品・サービスの開発をスタート

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市 代表取締役社長:中田卓也)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)とパートナーシップを締結し、LINEが提供するクラウドAIプラットフォーム「Clova」(クローバ)(リンク)を活用した「作曲して歌う」新製品・サービスの開発をスタートしました。



当社は、2003年に歌声合成技術「VOCALOID」(リンク)を開発し、以降10数年に渡って「バーチャルシンガーによる音楽」という新たな音楽の提供に取り組んできました。また、長年に渡って培ってきた当社の「自動作曲技術」は、主に電子楽器の「自動伴奏機能」などに活用され、プレイヤーと音楽とのインタラクティブな関係性を提案してきました。

当社は今回、こうした取り組みを加速させ、さらに新しい音楽体験を提案するために、LINEとパートナーシップを締結しました。

今年3月2日にLINEから発表された「Clova」は、アジア発のクラウドAIプラットフォームとして高い注目を集めています。LINEが持つコミュニケーション技術をはじめ、優れた検索技術、豊富なコンテンツ、ビッグデータ等を保有し、量・質ともに兼ね備えた学習データを使用することができるクラウドAIプラットフォームです。

今回のパートナーシップの締結によって当社は、「Clova」を用いた製品やサービスを開発することが可能となりました。「VOCALOID」や「自動作曲技術」をはじめとした当社の技術・知的財産と、良質でスマートなAI「Clova」を組み合わせることで、今までにない体験を提供する製品・サービスの開発に取り組みます。テクノロジーの進化はこれまで様々な「新しい音楽体験」を私たちにもたらしてきました。当社は今回の取り組みを通じて、受動的な音楽鑑賞から一歩進んだ「音楽と人間の新しい関係」を提案したいと考えています。
[画像: リンク ]



ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
リンク


※VOCALOID(ボーカロイド)は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
※その他の文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事