logo

Amazon Alexa対応家電向けトータルIoTソリューションを発売 ~音声で操作できる家電の開発を支援~

株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役:長橋賢吾、以下「アプリックス」)は、米国Amazon.com, Inc.が提供する音声認識機能「Alexa」を利用する家電の需要が高まりつつあることを受け、家電メーカー向けのトータルIoT(Internet of Things)ソリューションを、本日から発売することを発表いたします。
本ソリューションには家電と「Alexa」との連携に必要となるAlexaスキルをはじめ、IoTモジュール、クラウドシステムなどが含まれています。Alexaスキルや通信用のハードウェアなどの開発をアプリックスが担当することにより、音声で操作できる家電のスピーディな市場投入を支援します。

「Alexa」はクラウドベースの音声認識機能です。「Amazon Echo」や「Echo Dot」といった音声アシスタント端末(以下「Alexaデバイス」)に話しかけると、その音声が「Alexa」に送られ、「Alexa」は認識した音声の内容に対応する処理を呼び出し、その処理結果をAlexaデバイスに返します。
また「Alexaスキル」と呼ばれるアドオンプログラムによって、他の機器やサービスとの連携を「Alexa」に追加できます。2016年6月には約1,000種類だったAlexaスキルの登録数は、2017年2月には10,000種類を超えるなど、Alexaデバイスで実行できることは増え続けています。
さらに、2017年1月に米国で開催された家電見本市「CES 2017」では、700社もの企業が「Alexa」に対応する製品を発表しており、「Alexa」対応製品の市場は、今後ますます拡大していくことが予想されます。
アプリックスは、日本企業の中では最も早く「Alexa」に対応し、2017年2月に米国Guardian Technologies LLC製の空気清浄機を音声で操作するためのAlexaスキル「Guardian Technologies」の提供を開始しています(※)。

IoT機器でAlexaスキルを使うには、まずAmazon.com, Inc.が無料で配布しているiOS/Android用のアプリケーション「Amazon Alexa」などを使い、「Skill」から使用したいAlexaスキルを探して「Enable(有効)」にします。
Guardian Technologies LLC製の空気清浄機を例にすると、ユーザーがAlexaデバイスに話しかけた後、以下に示すような流れで話した文章に関する処理が行われます。アプリックスは以下の図で赤の二重線で示すソリューション(Alexaスキル、Aplix Cloud、当社IoTモジュール)を提供します。
なお、本IoTソリューションの価格は、音声コマンド数、IoTモジュールの種類などによって変わるので、アプリックスまでお問い合わせください。

<「Alexa」と当社IoTソリューションの連携例>

・図中の<DeviceName>にはユーザーが任意の名前を付けることができます。
・ 「Alexa」は現在英語とドイツ語に対応していますが、本ソリューションは英語にのみ対応します。他言語への対応は別途ご相談ください。

アプリックスは今後も、人々の生活を便利にするためのIoTソリューションの更なる充実を図ってまいります。

※2017年2月7日当社プレスリリース「米国Guardian社製空気清浄機操作のためのAlexa Skillを提供開始 当社IoTソリューション採用空気清浄機がAmazon Echoなどで操作可能に(リンク)」参照。

以上


■株式会社アプリックスについて
アプリックスの使命は「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」です。携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開いた「JBlend」に続き、開拓中の分野が、IoT(Internet of Things)です。当社ではIoTモジュール(ビーコン)、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供することで、家電製品等のIoT化を推し進め、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトの実現を目指しております。
アプリックスのwebsite(投資家情報等):リンク
アプリックスのテクノロジー事業:リンク

■お問い合わせ先:
お問い合わせのページ:リンク

※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。