logo

AWS認定プレミアコンサルティングパートナーのcloudpack、オンプレミス環境からAWSクラウドへのシステム移行をワンパッケージにした『migrationpack』の提供を開始

アイレット株式会社 2017年05月31日 11時00分
From PR TIMES

~AWSのプロフェッショナルがお客様のスムーズなAWS移行を実現~

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(クラウドパック、運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平)は、オンプレミスで稼働するシステムのAWSクラウドへの円滑な移行を支援するサービス『migrationpack(マイグレーションパック)』を 2017年5月31日(水)より開始いたします。



■AWSへの移行をワンパッケージに(migrationpackのメニュー)

[表: リンク ]


[画像1: リンク ]



■cloudpackと共にAWS移行を進めるメリット


既存システムに応じて最適なAWS環境を設計・構築し、移行作業や運用にかかるコストの最適化を実現
cloudpackアライアンスパートナーの豊富なソリューションを組み合わせた移行提案が可能
既存のシステムベンダーとの協業体制も可能で、お客様にとって安心かつ円滑なAWS移行を実現
既存システムとAWSの並行稼働期間にかかるAWS利用料金の一部をcloudpackが負担
cloudpackによるAWS環境の24時間365日の運用保守対応
AWSへの移行後に、不要になったハードウェアの買い取りによる移行コストの削減が可能
運用フェーズのAWS利用料金のお支払いが日本円・請求書による手続きが可能
運用フェーズのAWS利用料金が3%OFF



[画像2: リンク ]

cloudpackは、AWSのパートナーの中で最上位である『プレミアコンサルティングパートナー』を5年連続で認定を受けており、さらにシステム環境のAWSへの移行に際し、計画フェーズ(コンサルティング・設計)から、実施フェーズ(構築・運用)に至るまで、優れた実績・専門的なスキルを持っていることをAWSが認定する『移行コンピテンシー』を有しています。

お客様システムのAWS移行のための現状アセスメントから、要件定義、移行設計、AWSシステム構成、運用設計を支援し、AWS環境の構築から移行作業、運用保守、不要になったハードウェア機器の買い取りまでをワンパッケージにして、AWSへの移行を強力に支援いたします。

■migrationpack料金
個別見積り

■migrationpackサービスページ
リンク

【cloudpackについて】

cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後5年連続で認定されています(※2)。

運営会社:アイレット株式会社 リンク
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発・保守事業、サーバーハウジング・ホスティング事業


(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。
(※2)日本初の5年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。

Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、Amazon CloudFrontは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。