logo

NVIDIA と世界有数のサーバーメーカーがパートナーを組み、AI クラウド コンピューティングを推進

NVIDIA 2017年05月31日 09時28分
From PR TIMES

Foxconn、Inventec、Quanta、Wistron が NVIDIA HGX リファレンス アーキテクチャーを利用し、ハイパースケール データ センター向け AI システムを構築



[画像: リンク ]

台湾、台北 — Computex— (2017年5月30日) — NVIDIA は本日、より迅速に AI クラウド コンピューティングの需要に応えるため、世界有数の ODMである Foxconn、Inventec、Quanta、Wistron とのパートナー プログラムを開始しました。

NVIDIA HGX パートナー プログラムを通じ、NVIDIA は、各 ODM に NVIDIA HGX リファレンス アーキテクチャー、NVIDIA GPU コンピューティング テクノロジー、デザイン ガイドラインの早期アクセスを提供します。HGX は、Microsoft の Project Olympus の取り組み、Facebook の Big Basin システム、NVIDIA DGX-1™ AI スーパーコンピューターにおいて利用されているのと同じデータ センター向けに設計されています。

HGX をスターター向けの「レシピ」として利用する ODM パートナーは、NVIDIA と協力し、ハイパースケール データ センター向けの条件を満たす、さまざまな GPU アクセラレーテッド システムをより迅速に設計し、市場化することができます。NVIDIA のエンジニアは、このプログラムを通じて ODM とより緊密に協力し、技術の採用から実動環境への展開までの時間が最短になるよう支援します。

昨年、AI コンピューティングのリソースに対する需要全体が大幅に上昇し、同様に、NVIDIA の GPU コンピューティング プラットフォームも、市場での導入およびパフォーマンスの点で急激な伸びを記録しました。現在、世界上位 10 社のハイパースケール企業のすべてが、それぞれのデータ センターで NVIDIA GPU アクセラレーターを利用しています。

従来型の 3 倍のパフォーマンスを提供する新しい NVIDIA(R) Volta アーキテクチャー ベースの GPU により、ODM は、市場の需要に対し、利用可能な NVIDIA の最新テクノロジーに基づき、新しい製品を供給することができます。

NVIDIA のアクセラレーテッド コンピューティング担当のゼネラル マネージャーであるイアン・バック (Ian Buck) は、次のように述べています。「わずか 1 年間に Tesla GPU のディープラーニング パフォーマンスが 3 倍になったように、アクセラレーテッド コンピューティングは急速に進化しており、このことは、システムの設計方法に重大な影響を与えています。各デバイス メーカーは、当社の HGX パートナー プログラムを通じ、ますます拡がるクラウド コンピューティング プロバイダーのコミュニティーに、最新の AI テクノロジーを確実に提供できるようになります。」

アップグレードできる柔軟な設計
NVIDIA は、ハイパースケール クラウド環境に特有のハイ パフォーマンス、効率性、大規模な拡張の要件を満たせるよう、HGX リファレンス デザイン を構築しました。ワークロードのニーズに基づき高度な設定変更が可能な HGX は、ハイパフォーマンス コンピューティング、ディープラーニングのトレーニング、ディープラーニングの推論向けに、さまざまな方法で GPU と CPU を容易に組み合わせることができます。

標準の HGX デザイン アーキテクチャーは、SXM2 フォーム ファクターに NVIDIA Tesla(R) GPU アクセラレーターを 8 基搭載し、NVIDIA NVLink™ 高速インターコネクトと最適化された PCIe トポロジーを利用するキューブ メッシュ内で接続しています。モジュール設計による HGX の筐体は、必要に応じてハイパースケールの CPU ノードを利用し、世界中の既存のデータ センターにあるラックへの展開に適しています。

NVIDIA Tesla P100 と V100 GPU アクセラレーターはいずれも、HGX と互換性があります。これは、V100 GPU が今年中に提供されれば、すべての HGX ベースの製品をすぐにアップグレードできるよう考慮しているためです。

HGX は、新しい NVIDIA GPU Cloud プラットフォームのホスティングを求めるクラウド プロバイダーにとって、理想的なリファレンス アーキテクチャーです。NVIDIA GPU Cloud プラットフォームは、Caffe2、Cognitive Toolkit、MXNet、TensorFlowなど、ディープラーニング フレームワーク コンテナを完全に統合し、最適化するカタログを管理します。

Foxconn/Hon Hai Precision Ind Co., Ltd のゼネラル マネージャー兼 Ingrasys Technology Inc.のプレジデントであるタイユー・チョウ (Taiyu Chou) 氏は、次のように述べています。「私たちは、NVIDIA との新しいパートナー プログラムを通じ、お客様の多くは世界最大級のデータ センターの一部を管理していますが、その拡大する需要に、より迅速に応えられるようになります。NVIDIA GPU テクノロジーへの早期アクセスと設計ガイドラインは、お客様の高まる AI コンピューティングのニーズに対し、私たちがより迅速に革新的な製品を発表するのに役立ちます。」

Inventec Corporation の IEC チャイナの運営責任者であるエバン・チェン (Evan Chien) 氏は次のように述べています。「NVIDIA とより緊密に協力すれば、世界中のデータ センターのインフラストラクチャーに新しいレベルのイノベーションを容易に投入できるようになります。緊密な協力を通じ、ハイパースケール クラウド環境を管理する企業の、コンピューティングを駆使する AI のニーズに、より効率的な対処が可能です。」

Quanta Computer Inc. のシニア バイス プレジデント兼 QCT のプレジデントであるマイク・ヤン (Mike Yang) 氏は、このように述べています。「NVIDIA の AI コンピューティングの専門知識を活用すれば、AI の時代の新しいコンピューティング要件を満たす、これまでの仕組みを一変させるようなソリューションをすぐに市場に提供できるようになります。」

Wistron のチーフ テクノロジー オフィサー兼エンタープライズ ビジネス グループのプレジデントであるドナルド・ファン (Donald Hwang) 氏は、次のように述べています。「NVIDIA の長期にわたる協力企業として、当社のハイパースケール データ センターを利用するお客様のますます高まるコンピューティング ニーズに応えられるよう、両社の関係を深めていきたいと考えています。当社のお客様は、さまざまな AI ワークロードに対処するため、より高い GPU のコンピューティング能力を求めており、この新しいパートナーシップを通じ、当社は、新しいソリューションをより迅速に提供できるようになります。」

Microsoft の Azure ハードウェア インフラストラクチャー担当ゼネラル マネージャー兼ディスティングイッシュド エンジニア (Distinguished Engineer) のクシャグラ・ベイド (Kushagra Vaid) 氏は、次のように述べています。「私たちは、Ingrasys および NVIDIA と協力し、新しい AI の時代の高まる需要に応えるため、新しい業界標準の設計を切り開いてきました。HGX-1 AI アクセラレーターは、Microsoft の Project Olympus のコンポーネントとして開発されており、最大で GPU 32 基に対する高帯域幅のインターコネクティビティーのオプションを通じ、きわめて高いパフォーマンスの拡張性を実現します。」

NVIDIAについての最新情報:
プレスルーム:リンク
ブログ:リンク
Facebook: リンク

NVIDIAについて
NVIDIAが 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになりました。今日、NVIDIAは「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、リンク をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事