logo

プロ野球速報のPV数からみる注目球団・注目試合ランキングを発表

NTTレゾナント株式会社 2017年05月29日 13時11分
From 共同通信PRワイヤー

2017年5月29日

NTTレゾナント株式会社

プロ野球速報のPV数からみる注目球団・注目試合ランキングを発表
~プロ野球交流戦で最も注目される試合は広島VS日ハム戦と予想~
リンク

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、「gooニュース」で提供しているプロ野球速報の各試合のページビュー数(以下、PV)を比較し、シーズン開始の2017年3月31日から2017年5月24日までの注目球団と、注目試合をランキング形式で発表します。また、その傾向から、2017年5月30日から行われるセ・パ交流戦の最注目カードを予想しました。

■球団別PVランキング(調査期間:2017年3月31日~5月24日)
セントラル・リーグ
1位 広島東洋カープ
2位 阪神タイガース
3位 読売ジャイアンツ
4位 中日ドラゴンズ
5位 横浜DeNAベイスターズ
6位 東京ヤクルトスワローズ

※球団別PV割合(gooスポーツ編集部調べ)、球団別入場者数(日本野球機構調べ)ともに5月24日時点でのデータ

 セ・リーグの球団別PVランキングの首位は広島東洋カープとなりました。昨年度、25年ぶりのリーグ優勝を果たし、大きな注目を浴びた球団です。また、近年では、通称「カープ女子」と呼ばれる女性を中心に在京ファンの獲得に成功しています。一方で、広島県以外の都道府県では、広島東洋カープの地上波でのTV中継回数は多くありません。そのため、入場者数が多い阪神タイガースや読売ジャイアンツよりも、インターネットで試合の状況を確認するファンが多いのではないでしょうか。

パシフィック・リーグ
1位 北海道日本ハムファイターズ
2位 東北楽天ゴールデンイーグルス
3位 福岡ソフトバンクホークス
4位 千葉ロッテマリーンズ
5位 埼玉西武ライオンズ
6位 オリックス・バファローズ

※球団別PV割合(gooスポーツ編集部調べ)、球団別入場者数(日本野球機構調べ)ともに5月24日時点でのデータ

 パ・リーグの球団別PVランキングの首位は北海道日本ハムファイターズとなりました。現時点(2017年5月29日)で4位という成績ではありますが、広島東洋カープと同じく、昨シーズンのリーグ優勝チームであり、今シーズンも引き続き注目されています。パ・リーグの傾向として、関東・関西近辺の球団よりも、北海道、東北、九州といった地方に本拠地を置く球団のほうが、インターネットで試合の状況を見られていることがわかりました。

■試合別PVランキング(調査期間:2017年3月31日~5月24日)
セントラル・リーグ
1位 広島東洋カープVS 阪神タイガース 2017年4月1日 (土)
リンク

2位 阪神タイガース VS広島東洋カープ 2017年5月6日 (土)
リンク

3位 中日ドラゴンズ VS広島東洋カープ 2017年4月5日 (水)
リンク

 セ・リーグの試合別PVランキング1位は、4月1日に行われた広島東洋カープVS阪神タイガース戦。延長10回までもつれ込んだゲームで、最後は広島東洋カープがサヨナラタイムリーによって9-8で試合を制しました。ちなみに同試合では、両チームの四球が9回までで合計26個(広島東洋カープ:13、阪神タイガース:13)に達しました。これは、80年ぶりの1試合四球の最多記録に並ぶもの(スポーツニッポン新聞社調べ)であり、珍記録が出た試合ということでも注目されました。

パシフィック・リーグ
1位 福岡ソフトバンクホークス VS東北楽天ゴールデンイーグルス 2017年4月21日 (金)
リンク

2位 千葉ロッテマリーンズ VS北海道日本ハムファイターズ 2017年4月6日 (木)
リンク

3位 東北楽天ゴールデンイーグルス VS北海道日本ハムファイターズ 2017年5月16日 (火)
リンク

 パ・リーグの試合別PVランキング1位は、4月21日に行われた福岡ソフトバンクホークスVS東北楽天ゴールデンイーグルス戦。延長12回におよぶ接戦で、福岡ソフトバンクホークスが犠飛を放って4-3で試合を決めました。福岡ソフトバンクホークスは6名、東北楽天ゴールデンイーグルスは8名ものピッチャーが登板した総力戦となり、注目されました。

■交流戦の注目カード予想
 gooスポーツ編集部は、プロ野球交流戦では、セ・リーグPVランキング1位の広島東洋カープと、パ・リーグPVランキング1位の北海道日本ハムファイターズが対戦する6月2日(金)~6月4日(日)の試合が最も注目されると予想しています。試合別PVランキングでは、両リーグともに延長戦までもつれ込んだ試合が1位となっており、このカードでも、延長になるとより注目度が増すと考えています。

■gooニューススポーツコンテンツの拡充について
 gooニュースは285メディアと提携し、国内ポータルサイトが提供するニュースサービスでは取り扱いメディア数において日本最多規模(NTTレゾナント調べ)となります。今までスポーツに関心がなかった方にもスポーツに親しんでいただけるよう、速報や選手にフォーカスしたコラムを配信し、gooニュースのスポーツコンテンツへの取り組みをさらに強化していきます。
プロ野球の速報は以下のリンクよりご確認いただけます。
リンク

■goo 20周年について
 gooは、2017年3月27日に20周年を迎えました。ご愛顧いただいたユーザーやパートナーの皆様に、深く感謝いたします。
 わたしたちはこれからも、日本のインターネット発展のため、新しいことへ挑戦を続け、皆様と共に豊かな世界を創ることをお約束いたします。

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。