logo

シャトー・メルシャン 香港への輸出を開始

キリン株式会社 2017年05月22日 14時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 代野照幸)は、アメリカ・シンガポールに続き、日本ワイン「シャトー・メルシャン」の香港への輸出を5月下旬より開始します。

香港は、近年ワインの需要が高まり、アジア最大のワイン・蒸留酒展示会(VINEXPO)が開催されるなど、関心が高まってきています。シャトー・メルシャンでは、2016年に始まった「Asian Wine Review」で「ザ・ワイナリーオブ・ザ・イヤー賞」を受賞※1、2017年も日本で最多の3品で金賞を受賞※2しました。その授賞式及びワイン紹介ブースの「Asian Wine Festival」が4月19日に開催され、ブースでもバイヤーや有識者の評価が高かったことから、正式に輸出先として決めました。
※ 写真は、4月19日に開催された「Asian Wine Festival」の様子です。

シャトー・メルシャンは、アメリカ・ニューヨークにて開催される世界最大級の権威あるワインイベント「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス」に日本で唯一招待(1991年の初選抜以来14回)されているワイナリーです。また、アジア最大級の国際ワインコンクール「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」では、2010年の初参加以降、7回連続で「ベスト日本ワイントロフィー」を受賞しています。日本のワイナリーでは唯一の快挙であり、アジアを代表するワイナリーとして存在感をアピールしています。
今回の輸出を通し、海外での日本ワインの評価を一層高めていくことに貢献していきます。

※1 「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」にて「シャトー・メルシャン 長野シャルドネ アンウッデッド 2015」がワインアワードで金賞およびベスト日本ワイントロフィーを獲得
リンク  ※キリンホームページから参照いただけます。
※2 「ニューヨーク・ワイン・エクスペリエンス 2016」に「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2011」を出品!
リンク  ※キリンホームページから参照いただけます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。