logo

280万円の高額盆栽、ニューウエーブ盆栽、盆栽スウィーツも登場!初開催 BONSAIフェスティバル 2017年5月24日(水)~29日(月) 高島屋大阪店7階催会場

株式会社高島屋 2017年05月16日 12時54分
From Digital PR Platform


280万円の高額盆栽、ニューウエーブ盆栽、盆栽スウィーツも登場!
初開催 BONSAIフェスティバル
2017年5月24日(水)~29日(月) 高島屋大阪店7階催会場

2017年は4月に「第8回世界盆栽大会」がさいたま市で開かれるなど、盆栽は今や「文化・芸術品」から「インテリアの一部」や「癒しアイテム」として、
ファン層を急拡大させています。また、最近では海外からの評価も高く、「BONSAI」としての輸出が増加しています。
日本でもプライベートな時間を大事にしインテリアにもこだわる方が増える中、高島屋大阪店では「BONSAI」にフォーカスしたイベントを初めて開催します。本格的な盆栽やニューウエーブ盆栽を展示販売(計 約500点)するほか、盆栽をイメージしたスウィーツなど幅広い層に楽しんでいただけるイベントを目指します。


(1)オーセンティック盆栽

盆栽初心者の方から愛好家の方にもご満足いただける、バラエティ豊かな盆栽を品揃え。(約35種類)
数千円の一般的なものから数十万円の高額品、280万円の盆栽も登場します。
数々の受賞暦をもつ盆栽作家が20年以上かけて作り上げた名品で、通常は東京江戸川区の春花園盆栽美術館に展示されている黒松(銘「雲(うん)竜(りゅう)」樹高114cm 左右162cm 幹径25cm  画像→)は、樹齢が推定500年前後で鉢に入ってからも100年前後は経過しているといわれています。人間の背丈に迫る大きさでありながら調和のとれた樹形といい、鉢で長く育てられたが故に醸し出す品格といい、これほどの黒松盆栽は他になく、希少価値の高い名品です。


(2)ニューウエーブ盆栽 

●盆栽師 平尾成(まさ)志(し)氏によるライブパフォーマンス

世界に知られる「プロ盆栽師」平尾成志氏のブースを設け作品を展示。
また屋上ビアガーデン「キラビア」では、関西では初となるDJとの
コラボによる迫力ある盆栽ライブパフォーマンスを開催します。
☆5月24日(水)・26日(金)18:30~19:30
屋上ビアガーデン「キラビア」でライブパフォーマンスを開催。

(平尾成志プロフィール) 
1981年生まれ。日本を代表する盆栽家の故加藤三郎氏に弟子入り。2013年度、文化庁文化交流使に任命される。2015年のミラノ万博で盆栽のパフォーマンスを披露。2016年5月、盆栽園「成勝園」をさいたま市に開園。音楽家とコラボレーションするなど新たなエンターテイメント性をもたせた盆栽のデモンストレーション、ワークショップ、パフォーマンスを様々な国で行っている。

●照明アート盆栽 「Re:Planter」(京都・大原)

植栽家の村瀬貴昭氏が日本の伝統文化である盆栽とLEDという新たなテクノロジーを組み合わせ、室内にて
育成可能で手間が掛からない盆栽という想いから手がけ始めた作品。ガラスの底に土と苔を敷き、木や花の苗を
植え、太陽光代わりとなるLED電球が照らしており、付属の管理道具で1~2週間に一度水やりをしながら育てる
ことができます。
☆5月24日(水)28日(日)各日午前11時~村瀬氏による公開植栽を開催

(村瀬貴昭プロフィール)
1980年生まれ。大阪市出身。幼少期に祖父の盆栽にふれ、以来アクアテラリウム、希少植物の収集などを通じて植物についての独学を重ねる。家具職人、カフェの立ち上げを経て、2012年に植栽家「Re:planter」として活動を開始。現在は自然の道理が作り出す照明器具「SpaceColony」シリーズを中心に、国内外様々な場所で公開植栽に積極的に取り組んでいる。

●苔テラリウム「moss-connect」(大阪・南船場)

ガラス容器等に苔や植物を寄せ植えし、ミニチュアなどを置いた「苔テラリウム」。末永く楽しんでもらいたいという想いから、使用する苔は、代表の今田裕氏が自らの足で近畿一円を探し回り丁寧に採取し、どのような環境で育てればよいかを理解した上で、様々な苔のインテリアを制作・販売し、苔の魅力を発信しています。
☆5月24日(水)~28日(日) 今田氏によるワークショップを開催

(今田裕プロフィール)
1982年生まれ。幼少期を自然豊かな滋賀県で育ち、苔に魅了される。ペットショップ勤務などを経て、2015年、アクアリウム水槽のプロデュース・メンテナンスを行う「Aqua-Connect」を設立。2016年、別事業として苔インテリアの制作・販売・関連教室を行う「moss-connect」を設立。


(3)チョコレートとティラミスでできた盆栽、プラモデル盆栽も登場

●BONSAIティラミス

会場内のカフェでは、「BONSAIティラミス」をご用意。オレンジピールをチョコレートでコーティングし、抹茶パウダーをかけた枝チョコ。
土台であるティラミス(チョコレート/抹茶)に差し込んでお召し上がりください。
BONSAIティラミス ※ティラミスと枝チョコは別売りです。
ティラミス(抹茶/チョコレート)各562円(各日各種40個限り)
枝チョコ152円(各日200個限り)


●工藝菓子盆栽

兵庫県三田市の老舗和菓子店「西村清月堂」が手がけるのは和菓子の材料を使用した盆栽。写実的に芸術性豊かに表現した工藝菓子盆栽です。

●プラモデル盆栽

盆栽を1/12スケールでリアルに再現したプラスチックモデルキット。針葉は本物の盆栽のようにハサミで剪定し、お好みの盆栽に仕上げることができます。
(約4種類 1,620円)

●「盆栽ガールズユニット」がやってくる!
松盆栽の国内最大の産地である香川県で、「盆栽と共にくらす生活を応援する」という目的で生まれたガールズユニット「ボンクラ」。
会場で「盆栽体操」を披露し、BONSAIフェスティバルを盛り上げます。
☆5月24日(水)27日(土) 各日午後1時~ 午後3時~





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事