logo

IDT、広い周波数範囲、低歪み、低挿入損失を実現したSPDT反射型RFスイッチ製品ファミリを発表

Integrated Device Technology, Inc. 2017年05月09日 10時30分
From JCN Newswire


SAN JOSE, CA, May 9, 2017 - ( JCN Newswire ) - IDT(R)(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、2mm×2mmのコンパクトなパッケージの高性能単極双投反射型 (SPDTR) RFスイッチの新しい製品ファミリを発表しました。F2972とF2976は 5MHz~10GHzで動作し、低挿入損失、高アイソレーション、低歪み、高い許容入力を実現する業界最高レベルの製品です。

IDT(R) のデバイスは、50オームまたは 75オームのシステムでの使用に特化されており、BTS 無線通信機器やDOCSIS 3.1 CATV アプリケーション、ドローン、汎用家電製品を含む、広範な市場や用途に対応できます。

F2972とF2976のRF性能とピンアウトは同様ですが、各デバイスには独自の機能を持ったピンがあります。F2972 には、環境に配慮した低電力消費用途向けのイネーブル/ディセーブルピンがあります。F2976には、ユーザがスイッチ制御ロジックを反転させることができる論理選択機能ピンがあり、各スイッチを異なる状態にする必要がある場合に単一の制御ラインで複数のスイッチを制御できます。

「2x2mmの小型パッケージの反射型スイッチ、F2972とF2976によって、IDTのRF製品ポートフォリオがさらに広がりました。これらのデバイスは小型でありながら、非常に広い帯域幅と高度に差別化された RF性能を兼ね備えています」と、IDT RF部門のジェネラルマネージャー、Duncan Pilgrimは述べています。「優れたRF性能を持つこれらのデバイスは非常に広範なアプリケーションに対応しているため、お客様の総合的なソリューションコストの低減をお手伝いすることができます」

新しいRFデバイスの特徴

- 低挿入損失0.36dB、アイソレーション42dB(2000 MHzの時)
- 極めて低い歪みにより、デバイスの幅広い用途への利用を実現
-- IIP2/IIP3: 120/77 dBm
-- H2/H3: -100/-120 dBc
-- CSO/CTB: >100/>100 dBc
- F2972: 電力消費を抑えるイネーブル/ディセーブル機能
- F2976: 制御論理の柔軟性を最大限にする論理回路選択機能
- シリコンベースの半導体技術
- 3.3/5V Vddと1.8/3.3Vの広範な制御電圧範囲
- 優れた熱特性を持ち、-40度 ~ 105度 の広い温度範囲に対応

IDT社について

IDT社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。RF、リアルタイムインターコネクト、ワイヤレス給電、シリアル・スイッチ、インタフェース、車載用ASIC、電源管理IC、センサーシグナルコンディショナICや環境センサーは、システムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器、車載、産業の用途向けに完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market(R)市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報は www.idt.com をご覧ください。Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTube、Google+でもお調べいただけます。

Facebook: リンク
LinkedIn: リンク
Twitter: リンク
YouTube: リンク

IDT、IDTのロゴおよびZMDIは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

<本プレスリリースに関するお問合せ先>
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039
FAX: 03-6453-3011
E-mail: mayumi.honda@idt.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。