logo

販売1週間から1,000本販売!! 新潟県燕市を中心に大人気。老舗味噌蔵の甘酒。

NSGグループ 2017年05月08日 09時00分
From Digital PR Platform


販売1週間から1,000本販売!! 新潟県燕市を中心に大人気。老舗味噌蔵の甘酒。

越後味噌醸造株式会社(以下:越後味噌醸造)は1771年の創業依頼、醸造業を営んでおります。
現在では味噌・味噌漬を中心に製造・販売をおこなっておりますが、4月20日(木)【甘酒 500ml 864円(税込)】の販売を開始しました。

新潟県燕市産ブランド米《飛燕舞》を使用し農商工連携の一つの形として地場の新たなお土産になるべく産まれた商品でもあり、鈴木市長(新潟県燕市)による定例発表、ブログでも紹介されました。そのせいあり4月20日の前から予約の問い合わせがあり、20日の販売から26日までの僅か1週間で販売本数が1,000本を超えました。

越後味噌醸造の甘酒は米麹由来のノンアルコールの甘酒です。2016年からモニタリングを実施し『甘すぎて飲みづらい』『飲みやすい甘酒が欲しい』というお客様の声を集め、商品に反映させました。その結果【お米の甘さを感じながらも、スッキリとした飲みやすい甘酒】が完成し、今まで飲みづらくて甘酒を避けていた方、スッキリとした甘酒を求めていた方を中心に早くもリピーターがいます。

栄養価が高く《飲む点滴》とも言われる米麹甘酒、越後味噌醸造は燕市の新たな特産品として、そして地域を中心として健康を支えられる様に多くの方に届けていきたいと思います。

【鈴木市長(新潟県燕市)ブログ】
リンク

【鈴木市長(新潟県燕市)定例発表】
リンク

【越後味噌醸造 甘酒通販】
リンク


越後味噌醸造株式会社:新潟県の県央地域旧吉田町を支えた今井家が開業した越後味噌醸造(株)は、2015年に(株)和僑商店が事業継承し、NSGグループに加わった。木桶が並ぶ伝統ある味噌蔵、手間隙をかけて熟成させる醸造技術を活かしつつ、新たな形で越後の醸造文化を受け継いでいる。

後味噌醸造株式会社
所在地:新潟県燕市吉田中町5-10
代表者名:代表取締役社長 木龍康一
URL:リンク

<プレスリリースに関するお問い合わせ>
担当者名:木龍康一
TEL:0256-93-2002  FAX:0256-92-3837
e-mail:kiryu@echigomiso.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事