logo

エマール・ホスピタリティー・グループがデジタル体験強化で世界初のネイティブアプリ5件を立ち上げ

エマール・ホスピタリティー・グループ (Emaar Hospitality Group) 2017年04月28日 13時18分
From 共同通信PRワイヤー

エマール・ホスピタリティー・グループがデジタル体験強化で世界初のネイティブアプリ5件を立ち上げ

AsiaNet 68349 (0620)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2017年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】エマール・ホスピタリティー・グループ(Emaar Hospitality Group)は、ホスピタリティー業界にこれまでなかったデジタルトランスフォーメーションの例として、ゲストのデジタルライフスタイル体験を強化する5件のネイティブアプリを立ち上げた。

(Photo: リンク

このアプリは従来の業界慣行とは対照的に、グループ傘下のそれぞれのホテルを重視する点で際立っており、ゲストの携帯電話を通じてホテルのエンドツーエンド・デジタルコネクティビティーを確保する。

アプリ導入は、顧客体験強化を促進するエマールの新デジタル戦略に沿ったものである。「モバイルファースト」のアプローチは、ゲスト体験を強化するテクノロジーの利用でリーダーになるというグループの熱望と相まって、業界のゲームチェンジャーになろうとしている。このアプリは、エマール・ホスピタリティー・グループが実施している一連のデジタルイニシアチブの一環である。

エマール・ホスピタリティー・グループは、アドレス・ホテルズ+リゾーツ(Address Hotels + Resorts)、ヴィーダ・ホテルズ&リゾーツ(Vida Hotels and Resorts)、ローブ・ホテルズ(Rove Hotels)、パレス・ダウンタウン(Palace Downtown)、マンジル・ダウンタウン(Manzil Downtown)のアプリ開発でGo Find It Technologies SAをパートナーに選んだ。

アドレス・ホテルズ+リゾーツ、ヴィーダ・ホテルズ&リゾーツ、パレス・ダウンタウン、マンジル・ダウンタウンのアプリはすでに稼働しており、ローブ・ホテルズのアプリは近く使えるようになる。

エマール・ホスピタリティー・グループのオリビエ・ハーニッシュ最高経営責任者(CEO)は「当社はホスピタリティー部門でデジタルトレンドの先駆けになっており、これは歴史的な動きである。われわれのゲストは今や指先の操作だけで、記憶に残るホテル体験に必要なあらゆるコネクティビティーと利便性を持つことになった。このアプリを使えば、彼らは携帯電話で数多くのサービスにアクセスすることが可能であり、われわれには、付加価値のあるサービス提供のためのリアルタイムデータを与えてくれる」と語った。

アプリは機能性に優れている。ホテルの予約システムに統合され、シティーガイドへのアクセスを提供し、ソーシャルメディアと相性がいい。また、ロイヤルティープログラム「U By Emaar」への招待、特別オファー、その他多くの関連情報をプッシュ配信する。

プロが制作し定期的に更新されるシティーガイドは、各アプリのコンテンツのうち約30%を占める。また各ホテルは、マーケティング担当者が関連イベントや特別オファーを告知しやすく、ゲストと触れ合う独自コンテンツをつくる。

アドレス・ホテルズ+リゾーツ、ヴィーダ・ホテルズ&リゾーツ、パレス・ダウンタウン、マンジル・ダウンタウンのiOS、AndroidアプリはそれぞれApp Store、Google Playからダウンロードすることが可能。ローブ・ホテルズのアプリは近く入手できる。

▽問い合わせ先
Kelly Home
ASDA'A Burson-Marsteller
+9714-4507-600
kelly.home@bm.com

ソース:Emaar Hospitality Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。