logo

世界の何万人もが基本的人権に献身 ガスプロム・フットボール・フォー・フレンドシッププログラム

Global Press Center of the Gazprom FOOTBALL FOR FRIENDSHIP programme 2017年04月26日 13時26分
From 共同通信PRワイヤー

世界の何万人もが基本的人権に献身 ガスプロム・フットボール・フォー・フレンドシッププログラム

AsiaNet 68310(0606)

【モスクワ2017年4月26日PR Newswire=共同通信JBN】国際フットボール&フレンドシップ・デー(International Day of Football and Friendship)に向けた平和、友好、平等、健康な日常生活を促進するイベントは26日、欧州、アジア、アフリカ、米州で開始された。何万人もの子供や大人が親善試合、オープン・トレーニング・セッション、フラッシュ・モブ、マラソン、スポーツイベントに参加する。世界中の参加者たちは有名なプレーヤー、コーチ、テレビ司会者、アーティストたちに支援される。

(Photo: リンク

国際フットボール&フレンドシップ・デーは2014年、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)によって支援されるフットボール・フォー・フレンドシップ(Football for Friendship)国際子どもソーシャルプログラムの若いアンバサダーたちによって初めて発表された。この日は平等、他文化の尊重、平和共存といった最も大切な価値を共有するすべての人たちが青と緑のフレンドシップ・ブレスレットを手に付ける。ブレスレットの青のラインは平和な空を意味し、緑のラインは誰もが参加できるサッカー場を意味している。

今年この友好ブレスレットを身につける人たちには、アルゼンチンの有名なテレビプロデューサーのウゴ・ティネリ氏、中国の通信社編集局長のス・リ氏、五輪で3連覇を達成したギリシャのピロス・ディマス氏、セルビアの有名なコーチのミオドラグ・ボゼビッチ氏、オランダのFIFA審判員のケビン・ブルーム氏がいる。

今回のイベントには、有名なサッカー選手が参加し、セルビアのディフェンダーのブラニスラフ・イワノビッチ、FCゼニト(ロシア、サンクトペテルブルク)のゴールキーパー、ユーリ・ロディーギン、FCフェイエノールト(オランダ、ロッテルダム)のストライカー、ディルク・カイトの各選手が含まれていた。アテネでのイベントには、2004年の欧州チャンピオンシップでナショナルチームとして参加し優勝経験のあるテオドロス・ザゴラキス現ギリシャ選出欧州会議議員が参加した。

パキスタン・サッカー連盟のファハド・カーン氏は「世界の人々が平等と相手を尊重しあうという理念に対する関与を確認することが必要とされている今日にあって、この日を迎えることは大切である。フットボール・フォー・フレンドシップはこうした機会を提供し、若い世代を通じ人々は性別、年齢、身体能力にかかわらず平和と友好へのコミットメントを教わる。パキスタンのフットボール・フォー・フレンドシップ2017の実行責任者に指名されたのはとても光栄であり、今後このプラットフォームをパキスタンに導入し世界中の子供をパキスタンに招きたい」とその思いを語った。

ソース:Global Press Center of the Gazprom FOOTBALL FOR FRIENDSHIP programme


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。