logo

国連報告が中国でのソーシャルネットワーク決済が約3兆米ドルに到達と発表

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンス 2017年04月20日 10時28分
From 共同通信PRワイヤー

国連報告が中国でのソーシャルネットワーク決済が約3兆米ドルに到達と発表

AsiaNet 68173 (0546)

【北京、ニューヨーク2017年4月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*メッセージングおよびeコマース・プラットフォーム上での決済は、中国のGDPを2025年までに2360億ドル押し上げ、国民や小企業に新しい経済機会を開放する

最新の国連報告は、AlipayとWeChat Payが2016年の中国でのデジタル決済で2兆9000億米ドルに達し、過去4年間で20倍に増加したことを明らかにした。データによると、既存のプラットフォームおよびネットワークを利用するデジタル決済は幅広いデジタル金融サービスを提供し、中国および近隣諸国でフィナンシャルインクルージョン(金融包摂)と経済機会を拡大している。

Logo - リンク

国連のベター・ザン・キャッシュ・アライアンス(Better Than Cash Alliance、リンク )の最新リポート「Social Networks, E-Commerce Platforms and the Growth of Digital Payment Ecosystems in China - What It Means for Other Countries(中国におけるソーシャルネットワーク、eコマース・プラットフォーム、デジタル決済エコシステムの成長-これが諸外国に意味するもの)」は、他の諸国が現金からデジタル決済に転換することによってより多くの人々を経済に包摂することに役立つ重要な教訓を含んでいる。マッキンゼー・グローバル・インスティチュートのリポート(リンク )によると、この変化は開発途上国のGDPを2025年までに6%増加させ、GDPを3兆7000億米ドル押し上げ、9500万人の雇用を創設する可能性がある。

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスのルース・グッドウィン-グロエン事務局長は「ソーシャルネットワークおよびeコマース・プラットフォームは、大規模でも小規模でも、あらゆる経済環境で成長している。中国でのデジタル決済はこれらのチャンネルを通じて活況を呈しており、数百万人を経済に関与させている。これが重要なのは、人々が金融サービスを利用する際、特に女性は、貯金し、資産を形成し、金融ショックを切り抜け、よいチャンスを獲得して生活を向上させることが知られているからである」と語った。

▽報告書の主な結論
*より多くの人が貯金し投資する機会を得た。アリババのYu’e baoなどのプラットフォームは、低所得層がさまざまな金融商品への投資資金をより利用しやすくする。この商品によって、低所得層はデジタル口座に残った資金を投資し、これが徐々に長期預金となる。2013年から2016年まで、Yu’e baoは1170億米ドルを管理するまでに成長し、現在1億5200万以上の顧客にサービスを提供している。

*デジタル金融は、小規模な小売業者向けの資金利用を大幅に増加させることに寄与している。2016年9月時点で、プロバイダーの1つであるアリババのAnt Financial(Alipayが運営)は、総額7400億人民元(1073億米ドル)を411万以上の小規模・零細企業および起業家に貸与した。

*これらのプラットフォームを通じて生成されたビッグデータは、信用評価履歴の形成に役立ち、特に金融排除された低所得層への信用貸しの利用を大幅に増やした。例えば、Sesame Creditは利用者の信用履歴、金融行動、契約能力、身元、ソーシャルネットワークを調査することによって、代替的な信用力評価を提供する。

今回の報告書は、AlipayとWeChatの両社が中国以外にも拡大し、主要なフィンテックおよび決済プロバイダーに投資していることも明らかにした。両社にはその他の大手通信プラットフォームが参加しており、高いスマートフォン利用と官民セクター間での協力が進む諸国では、デジタル決済とフィナンシャル・インクルージョンを推進する既存のソーシャルネットワークおよびeコマース・プラットフォームを利用する機会が極めて大きい。

*南アフリカでは、すべてのインターネットトラフィックの78%がモバイルチャンネル上で実行されており、世界で最も高い率の1つである。しかし、利用率が継続的に増加しているにもかかわらず、南アフリカの15%だけが2016年の調査した翌月に携帯電話による購入をした。

*インドでは、Ant FinancialおよびTencentの両社が新しい規制の下で急成長を遂げているインドのモバイル決済市場に投資した。Ant Financialは特に、PayTMに最高9億ドルを投資するとともに、スタッフと技術知見を共有している。その結果、PayTMは、ほんの数年間でユーザー数を500万から約2億に増加させた。

*インドネシアは2016年、世界で最も急成長するmコマース市場となり、2016年1月から2017年1月の間に155%拡大した。この成長の一因には、BBM PayのInstant Mobile Paymentsが2015年にリリースされたことがある。人気のあるBBMチャットアプリはインドネシアで5500万以上のユーザーを擁し、発展し続けている。

*南米では、市場は、中国と同様の決済エコシステムを構築するのに必要なインフラストラクチャーを備えている。南米の人口の59%がソーシャルメディアを利用し、52%が携帯電話を介してソーシャルメディアに接続している。しかし、デジタル決済分野はバラバラの状態であり、サービスをこれらのプラットフォームに有効な方法でリンクしている決済プロバイダーは1つもなく、その逆もない。

さらに詳細を知りたいならば、ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスは今回の調査について解説できる専門家を準備している。

▽報道関係問い合わせ先
Angela Corbalan
Head of Communications
angela.corbalan@uncdf.org
(+1) 917 224 9109

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンス(Better Than Cash Alliance)は政府、企業、国際組織の連合体で、インクルーシブ・グロースを広げて人々が貧困から抜け出すのを助けるため、現金決済からデジタル決済への移行を促進している。国連資本開発基金(UNCDF)が事務局を務める。詳しい情報はwww.betterthancash.org を参照。Twitterのフォローは@BetterThan_Cash (リンク )。

ソース:Better Than Cash Alliance

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事