logo

ウルシステムズ、「第2情報システム部門」の立ち上げ支援サービスを提供開始

~ビジネスとテクノロジーに精通した専任チームによるデジタル化推進を可能に~

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)は、企業のデジタル化の旗振り役となる「第2情報システム部門」の立ち上げ支援サービスを本日より提供開始します。

近年、最先端ITを使って新規ビジネスの創出や顧客接点の強化を図るデジタル化が企業の重要課題となっています。デジタル化にはビジネスとシステムの双方をデザインする力が欠かせません。システムの開発・運用に特化した旧来の情報システム部門に加えて、ビジネスとテクノロジーに通じた専任チームを設置する必要があります。実際に先進的な企業ではいわゆる第2情報システム部門を設けるケースが出てきています。

こうした状況を受けてウルシステムズは第2情報システム部門の立ち上げ支援サービスを提供開始します。事業部門や情報システム部門、経営企画部門からメンバーを招集し、デジタル化推進チームを組織。ビジネスアナリシスやビジネスリレーションシップマネジメントをベースとした方法論を共通言語として導入し、チームの役割や活動プロセスを定義します。また、PoC(概念実証)を通じて活動に必要なノウハウをチームに移転します。

本サービスは株式会社クリエビジョン(本社:大阪市北区、代表取締役社長:塩田宏治、以下、クリエビジョン)との共同で提供します。ウルシステムズが培ってきた先端テクノロジーや基幹業務システムに関する知見と、クリエビジョンが持つビジネスアナリシスを駆使した企業変革ノウハウを組み合わせることで企業のデジタル化を強力に推し進めます。

今回の協業に際してクリエビジョンの代表取締役社長 塩田宏治氏は次のように述べています。
「企業内でビジネスとITの融合が急速に進む今、情報システム部門には業務部門との密接なパートナー関係の構築が求められています。必要なのはテクノロジーに対する深い知見とビジネス変革のノウハウです。高い技術力を誇るウルシステムズとの業務提携を通じて、ITを使ったビジネス・組織の変革をリードする情報システム部門の実現をサポートしてまいります」

ウルシステムズは今後も戦略的ITコンサルティングでお客様の事業に貢献してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。