logo

あの“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」がVR化! 超最先端技術を駆使しVIPに再現! 「たけしの挑戦状」30周年企画として2017年4月1日発売

ファミリーコンピュータ用ゲームソフト「たけしの挑戦状」を1986年に発売した株式会社タイトー(所在地:東京都新宿区)は、「たけしの挑戦状」30周年企画として、「たけしの挑戦状 VR」を2017年4月1日(土)より発売いたします。
「たけしの挑戦状 VR」公式サイト:リンク



■あの「たけしの挑戦状」がVRに!? タイトーが開発する超最先端技術を応用

[画像1: リンク ]

◆たけしの挑戦状とは
「たけしの挑戦状」は1986年12月にタイトーが発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。タレントのビートたけしさんが自身初のゲーム監修を手がけた、アクションアドベンチャーゲームです。サラリーマンである主人公が宝探しの冒険をするというストーリーに、たけしさんの「今までにない独創的な発想を入れたい」という意図から、斬新な仕掛けが多数盛り込まれました。「常識があぶない。」のキャッチコピーを体現するかのような理不尽な内容とクリア難易度の高さから“伝説のクソゲー”と称され、語り継がれている・・・・・・ようです。

◆「たけしの挑戦状 VR」企画概要
「たけしの挑戦状」30周年を記念して、本タイトルをなんとVRゲーム化しました。一般的なVR技術をさらに進化させた、タイトー独自の新VR(VIP Reality)技術を使用し、五感すべてを網羅した、より豪華な体験をご提供します。全身を覆う最先端のデバイススーツは高級シルクを使った豪華なタキシード型。イタリアの高級ブランド「ウッソーモ」がデザインしました。スーツ内部の様々なセンサーと機械式再現装置が、至高の体験を生み出します。さらに、ゲーム内でお酒を飲めばテキーラが、殴られたら血の味の代わりに厳選した赤ワインが実際に楽しめます(背中に装着されたボトルからチューブを通して口に送られます)。カラオケの採点はタイトーサウンドチーム「ZUNTATA」が担当。プレイヤーの歌唱力をプロの視点から多角的に判定します。
ストーリーは原作に忠実に、そして実写と見まちがうほどの高精細ポリゴンで完全再現しており、昔プレイしたことのある人には懐かしい、プレイしたことのない人ならその理不尽さに悶絶するものに仕上がりました。
さらに、ゲームの象徴的カラオケスナック「あぜみち」のチーママとして、名古屋のご当地アイドルグループ『dela』の人気メンバーである秋波愛さん(愛称:あいちん)が特別出演! リアルな質感を追求した高精細ポリゴンにより、まるで本人とデュエットしているような気分が味わえます。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


また、「たけしの挑戦状」公式サイトでは、ゲームのキーアイテムでもある離婚届を「たけしの挑戦状」オリジナルデザインでご用意。ダウンロードしようとすると、驚きの仕掛けが用意されています。ぜひ皆様の目でお確かめください。
「たけしの挑戦状 VR」公式サイト:リンク

[画像4: リンク ]

<プロフィール>

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



秋波 愛(あきなみ あい)
1993年9月5日生まれ。
名古屋のご当地アイドルグループ「dela」に所属。
モデル・レースクイーンとしても活動している。


※4月1日は、エイプリルフールです。※

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。