logo

北海道のSNS映えスポットランキング発表!北海道の隠れたおしゃれ・ネタスポットをSNS投稿分析で発掘!?

合同会社SNAPLACE 2017年03月30日 09時00分
From PR TIMES

SNS映え投稿分析の合同会社SNAPLACE(本社:東京都品川区 代表:椛島恵里香)は、SNS映えするスポットを独自のアルゴリズムにより抽出し、マッピングしたSnaplace(スナップレイス)の提供エリアを北海道まで拡大し、北海道のSNS映えスポットランキングを発表しました!



北海道といえば、ジンギスカンやラベンダー畑が有名ですが、SNS投稿を分析してみると、知られざるフォトジェニックなスポットや、インパクト絶大な面白いスポットなどが多く発見されました。

Snaplaceでは、SNS映えの要素をフォトジェニック(Cool!)と笑い・ネタ(Haha!)に分解し、おしゃれや可愛いなどの感情によってSNSで反響の高いスポットを「Cool!」、ネタとして面白いなどの感情によってSNSで反響の高いスポットを「Haha!」としています。また、定番スポットとして見逃せないスポットも「Basic」に分類しています。北海道の観光スポット・食事スポットについてもこの3種類のスポットをSNS分析を行って抽出し、マップ化しました!また、特にSNS映え度合いの高かったスポットについて、SNS映えスポットランキングも発表しました。

SNS映えに興味がない方でも、北海道観光の際におしゃれなスポットや面白い、ネタになるスポットを知りたい方には是非ご覧いただきたいマップ、及びランキングとなっています。

フォトジェニックの「Cool!」ランキングTOP3

第1位 神の子池(北海道斜里郡)
透明度が高くエメラルド色の美しい池です。落ちた枝は青い水の中で腐らずに化石のように沈んでいる姿が見られ、その光景の美しさがSNSで話題になりました。
リンク
[画像1: リンク ]

第2位 ロイズチョコレートワールド(北海道千歳市)
巨大チョコのモニュメントや建物の内装など、フォトスポットとしてインパクトがあり、非日常感のある写真が撮れることなどからSNSで話題になりました。
リンク
[画像2: リンク ]

第3位 白い恋人パーク(北海道札幌市)
お菓子の家やトンネル、他にも石造りの大きな建物がヨーロッパ風で、写真を撮ると非日常感が演出できることからSNSで話題となりました。
リンク
[画像3: リンク ]


笑い・ネタの「Haha!」ランキングTOP3

第1位 幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば(北海道夕張市)
映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケで使われたセットを当時のまま公開しているスポットというストーリー性に加え、「幸福を希うやかた」という小屋の中に、黄色いハンカチになぞらえて願い事が書かれた黄色い紙が天井まで貼られている様子に圧倒されたとSNSで話題になりました。
リンク
[画像4: リンク ]

第2位 ノースサファリサッポロ(北海道札幌市)
ワニゾーンの上に設けられた1本橋を渡ったり、ベンガルトラに餌をあげたりなどデンジャラスゾーンが規格外にスリル満点だとSNSで話題になりました(4月28日まではメンテナンスのため休園中です)
リンク
[画像5: リンク ]

第3位 石炭博物館(北海道夕張市)
国内最大級の炭鉱博物館で、その中でも特に「まっくら体験」と呼ばれる、真っ暗な闇の中を安全帽だけを頼りにして、実際の坑道と石炭層を歩くという体験がSNSで反響を呼んでいます。
リンク
[画像6: リンク ]


全ランキングと写真はこちら
リンク

北海道のSNS映えマップはこちら
リンク

Snaplace(スナップレイス)とは
Snaplace( リンク )とは、あらゆるSNS投稿を分析し、SNS映えするスポットだけを地図上に表示するサービス。サービス開始から初月40万PV超の人気サイト。大手旅行会社H.I.S.とも協業し、フォトジェニックなスポットをマッピングしたタビジョマップ( リンク )も運営。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せる。また、スポット毎に、InstagramやTwitter等の投稿を一覧し、口コミを確認できる。各スポットは、おしゃれ(Cool!)、ネタ(Haha!)、定番(Basic)の3種類に色分けされ、地図上に表示されている。また、観光スポットとレストラン・カフェも簡単に見分けられ、各スポットの特徴が3秒で分かる。女の子13タイプ別東京のデートスポット( リンク )、女の子10タイプ別関西のデートスポット( リンク )などの記事も紹介。

本件に関するお問い合わせ
合同会社SNAPLACE 椛島(カバシマ)
TEL:03-6869-4001
MAIL:info@snaplace.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。