logo

リバーベッド、NaaS(Network as a Service)を実現する サービスプロバイダー市場向けの新たなプラットフォームを発表

2017年3月27日

リバーベッド、NaaS(Network as a Service)を実現する
サービスプロバイダー市場向けの新たなプラットフォームを発表

Riverbed Service Delivery Platform、サービスプロバイダーによる大規模なVNFの展開、コントロール、決済、サポートの自動化を可能にし、増収の実現を支援

SD-WANのリーディング企業であるリバーベッドテクノロジー株式会社(東京都渋谷区、以下、リバーベッド)は本日、今日のデジタル企業の求めるスピードと柔軟性で、サービスプロバイダーがNaaS(Network as a Service)を提供できるように設計されたRiverbed Service Delivery Platformを発表しました。既存のNFV(ネットワーク機能仮想化)展開は、新サービスを提供して枝分かれしたフットプリントの統一を可能にしてきました。一方で、サービスプロバイダーは、顧客満足度の向上、顧客のビジネスを成長に向けた真の敏捷性の提供という課題に直面していました。またNFVは、運用上の複雑性を伴うため、ハードウェアに関する既存の課題がより深刻になるケースが多く見られます。

Riverbed Service Delivery Platformは、NFVに起因する複雑性を排除し、サービスに注力することで、これまでのNFV投資をクラウドと同様のNaaSモデルに転換することができます。サービスプロバイダーは、このService Delivery Platformを活用することで、新サービスのより迅速な提供、想定内のサービス提供の担保、需要に応じたサービススケールの最適化、IoTやエッジコンピューティングへのサービス拡大が可能になります。

Service Delivery Platform のおもなメリット:
- サービスプロバイダー顧客に対し、一貫したポリシー、セキュリティ、サービス可視化と確実性で、あらゆる接続モデルにおける品質ベースのMPLSサービスのシームレスな拡張および統合を提供
-DevOps(デブオプス)アプローチにより迅速なサービス設計、搭載、展開で、新サービスの市場投入時間を劇的に短縮
-弾力性とリソースのプーリングが速く、 多重使用の効率的なサポートを実現すると同時に、大きな拡張性と可用性を持つサービスベースのインフラを顧客に提供
- クローズドループ・オーケストレーションによる継続的なサービス配信最適化で、インフラを最も効率的に活用されている状態のサービスレベルを維持
-顧客のインテリジェンスおよびSLAを向上させることで、サービスプロバイダーが顧客の相談役に徹することが可能に
-プラットフォームが、ハードウェアと仮想化の混合した環境にシームレスに統合することで、従来のネットワーキング投資から100%NFV/SDN環境への道をつくり、既存投資からの価値を最大化
-オープンかつスタンダードベースで、プラットフォームがアーキテクチャの各層でプラグ・アンド・プレイ拡張性を実現しベンダーのロックインを排除

リバーベッド、サービスプロバイダーソリューション担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ、フィル・ハリスは次のようにコメントしています。「サービスプロバイダーは大規模な変革を迫られており、昨今のデジタル顧客のニーズに応えるためにテクノロジーをいかに取得、管理、展開するかを変革していこうとしています。リバーベッドのService Delivery Platform は、サービスプロバイダーが自身のビジネスを再発見し、そのインフラを進化させることができるよう支援します。サービスプロバイダーは差別化されたサービスを展開する柔軟性を手に入れ、エンドユーザにすばやく効率的にサービスを提供できるようになります」

IDC、ネットワークインフラ担当リサーチバイスプレジデント、ロヒト・メヘラ氏は次のようにコメントしています。「私たちは、サービスプロバイダーの思考と行動が大きく変化していることを認識しています。これらのプロバイダーは、SD-WANなどの先進ソリューションを含めたエンタープライズWANやブランチサービスのより迅速な展開を可能にするため、さらに“アジャイル”へと舵を切っていします。リバーベッドは長らく世界の主要サービスプロバイダーと提携してきました。これらのサービスプロバイダーは、Service Delivery Platform や、SteelConnectおよびSteelCentral Aternityといった新しいテクノロジーによって進化を遂げてきました。サービスプロバイダーは、これらの新しいテクノロジーを戦略的に重要な技術として位置付け、市場でより多くの収益機会をとらえるために、そのサービスを進化させ、ソリューションの展開を見据えています」

リバーベッドには、世界有数のサービスプロバイダーと連携してきた長い歴史があり、これには先ごろ発表したBT、Orange、VerizonおよびAT&T各社とのサービス提供も含まれています。本日の発表で、サービスプロバイダーがそれぞれのサービス提供をさらに幅広いネットワーキングおよびクラウドサービスを活用して構築するチャンスが増えると同時に、リバーベッドのサービスプロバイダープログラムにとっても大きな投資であり進展でもあります。またリバーベッドは、代表的なグローバルサービスプロバイダーとの提携も計画しています。これらのサービスプロバイダーは、「ワンクリック」でクラウドに接続するアプリケーション定義によるネットワーキングを提供するSD-WANソリューションとして人気のSteelConnectや、SteelCentralによるパフォーマンス管理/可視化ソリューションを追加のサービスとして、提供を検討しています。

Service Delivery Platformの提供開始は、2017年第3四半期以降を予定しています。本製品 に関するより詳しい情報は、こちらをご覧ください。リンク

リバーベッドについて
リバーベッドは、10億ドル以上の売上を誇るアプリケーション・パフォーマンス・インフラストラクチャ分野のリーダーとして、ロケーション・インディペンデント・ コンピューティングにおける最も包括的なプラットフォームを提供しています。ロケーション・インディペンデント・コンピューティングは、場所に依存することなく、常に期待されるアプリケーションパフォーマンスの実行、および必要な際のデータ利用を実現し、エンドユーザがパフォーマンスの問題に気付く前に検出・修正します。最適な場所でアプリケーションとデータをホストする柔軟性を、企業のITインフラストラクチャに提供し、場所や距離をビジネスにおける競争上の優位性へと変えます。リバーベッドの2万7,000を超えるお客様には、Fortune 100企業の97%およびForbes Global 100企業の98%が含まれています。リバーベッドの詳細は、リンク にてご覧ください。

本文中に記載のあるリバーベッドならびにリバーベッド製品およびサービスの名称またはロゴは、Riverbed Technology, Inc.の商標です。その他すべての商標は、所有者である各社に帰属します。


<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
リバーベッドテクノロジー株式会社
マーケティング部 玉利
TEL: 03-5423-6712/FAX: 03-5423-6778
E-mail: rvbd-info-jp@riverbed.com

株式会社ジェイスピン
担当:清水・神谷
E-mail:riverbed@jspin.co.jp 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事