logo

賃貸住宅居住者向けアプリケーションサービス「Amenities」(アメニティーズ)サービス開始のお知らせ

株式会社リクルート住まいカンパニー 2017年03月22日 10時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口 孝広)は、賃貸住宅の居住者および管理会社を対象とした日常管理業務を支援するアプリケーションサービスの提供を、本日開始致しましたのでお知らせします。


■サービス開発の背景
人口減少・居住者の多様化(ニーズ・デバイス・国籍)に対応していくため、賃貸の管理会社様による、物件の魅力UPに対する投資が活発化している昨今。特に、空室対策・新たな収益源の期待から、入居中のお客様に対するサービスUPに注力するケースが多くなってきています。一方、入居者/居住者に合わせて業務も多様化・複雑化するため、業務効率化の取組みも必要となっています。そこで、賃貸の管理会社様の、入居者様への対応や業務効率UPをサポートできるよう、今回本サービスを開始する運びとなりました。


■提供サービスの概要
【対応端末】
 スマートフォン(iPhone・Android)とPCにて、Webサービス・スマートフォンアプリで提供

【提供機能(一部抜粋)】
 (1)居住者全体/棟ごとにお知らせ情報を投稿することができます
  ・管理会社からの業務連絡(清掃・点検など)、入居者の満足度測定
  ・入居者ニーズを知るためのアンケートの配信
  ・ハウスクリーニングや浄水器、その他会員獲得など、居住者へのキャンペーン告知

 (2)居住者からのお困りごと投稿・返答ができます
  ・居住者のお困りごとの登録、管理会社側での対応をオンライン上でやりとり可能
  ・人工知能を活用し、入居者からの簡易な問合せに対し、即時回答が可能(2017年秋頃リリース予定)

 (3)退去/更新手続きのオンライン対応が可能になります
  ・従来の、電話での対応だったものを、オンライン上でスケジュール管理、チャット対応化

 (4) 問合せ先が分からない!を解消する、お問合せ先リスト
  ・近隣の公共施設や管理会社コールセンターなどの電話帳を付与

 (5)サービス導入物件毎に、住戸別の利用者一覧が確認可能
  ・お知らせ、お困りごとなど、全物件向けの一括お知らせ投稿が可能



【ご利用いただく皆さまにご提供できるベネフィット例(一例)】
■管理組合様
・居住者向けの周知や意見収集をスピーディーに実施することが可能
・出張中などの不在時に、離れた場所でも物件の状況が分かる
 
■管理会社様
・管理業務の見える化により、居住者に対して発信していくことが可能
・提供するサービスレベルの定量化
・付帯サービスの紹介、効果測定・分析も可能
 
ご興味のある方は、下記専用サイトよりお問い合わせ下さい。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事