logo

ジェムアルトのHSMにより、マイクロソフトの Azure Information Protectionユーザーは暗号鍵の完全なコントロールを維持

Gemalto NV 2017年03月21日 19時00分
From JCN Newswire


AMSTERDAM, Mar 21, 2017 - ( JCN Newswire ) - デジタルセキュリティの世界的なリーダーであるジェムアルト(ユーロネクスト NL0000400653 GTO)は本日、マイクロソフトのAzure Information Protectionユーザーが、SafeNetハードウェア セキュリティ モジュール(HSM)を用いて、最新のHold Your Own Key(HYOK)機能を利用可能となったことを発表しました。この統合により、高度に規制された組織は、暗号鍵を完全に管理下に置きながら、オンプレミスのHSMで自社の暗号鍵を管理、所有、保管したり、安全にデータを共有したりすることができます。本ソリューションにより、企業は自社のデータの整合性やセキュリティを妥協することなく、簡単にデータ保護ポリシーやビジネスプロセスに準拠することができます。

SafeNet Luna HSMは、マイクロソフトのActive Directory Rights Management(AD RMS)保護のために開発されたHYOK機能を利用可能にします。企業には最高機密データにAD RMS保護を使用し、機密データにAzure RMS保護を使用するオプションがあります。また、Azure Information Protectionを用いて社内および外部との共同作業の安全性を確保できます。SafeNet Luna HSMとAzure Information ProtectionのHYOK機能を統合するにあたり、ユーザー体験やデプロイの変更は不要です。お客様は保護ポリシーや使用権を定義することで、機密データへのアクセスを制御します。ドキュメント追跡や取り消しなどその他すべての情報保護機能は残されています。

ジェムアルトでデータ暗号化製品担当シニア・バイス・プレジデントを務めるTodd Mooreは、次のように述べています。「マイクロソフトのAzure Information Protectionユーザー企業は、自社の暗号鍵の所有権やコントロールをクラウドプロバイダに譲渡せずに、使い慣れた利便性の高いセキュリティ機能にアクセスできるようになりました。SafeNet Luna HSMとAzure Information ProtectionのHYOK機能を組み合わせることで、顧客はユーザーアプリケーションのセキュリティやオペレーションの透明性を妥協することなく、引き続きカスタマイズされたデータ保護管理を行うことができます。」

マイクロソフト社で情報および脅威保護担当パートナー ディレクターを務めるDan Plastinaは、次のように述べています。「当社のAzure Information Protectionは、完全に規制されたデータを所有するお客様向けに、HYOKの設定でオンプレミスのAD RMSサービスの選択的使用を可能にします。ジェムアルトのSafeNet Luna HSMは、このハイブリッドのAzure Information Protection設定とシームレスに統合し、お客様が必要とする特化した保護を全範囲にわたり提供します。」

ジェムアルトのSafeNet Luna HSMは、現在市場で最も高性能で、安全性が高く、導入が簡単なHSMソリューションの1つであり、規制順守を円滑に進め、企業、金融機関、政府機関向けに最高水準のデータ保護を提供します。SafeNet Luna HSMは、主要なストレージの方式とは異なり、暗号鍵をHSMの外部領域のトラステッド レイヤ(Trusted Layer)へ移動させず、ハードウェアに暗号鍵を保管し、鍵のライフサイクル全体を保護します。」

関連資料

- ジェムアルトNetwork Hardware Security Moduleの詳細情報 リンク
- ホワイトペーパー:「Encrypt Everything」(すべて暗号化する) リンク
- ホワイトペーパー: 「Three Steps to Securing Data in any Cloud Environment」(あらゆるクラウド環境でデータの安全を確保するための3つのステップ) リンク

ジェムアルトについて

ジェムアルト(ユーロネクスト NL0000400653 GTO)はデジタルセキュリティの世界的なリーダー企業であり、2016年の年間売上高は31億ユーロを記録し、世界の180ヶ国以上に顧客を有しています。ジェムアルトは、急速に発展し、密接につながったデジタル社会に信頼をもたらします。

当社技術とサービスにより、企業や行政機関は本人認証とデータ保護が可能となり、個人用デバイス、コネクテッド・オブジェクト、クラウド、およびこうしたデバイス・環境間で安全性を保ち、サービスを提供することができます。

ジェムアルトのソリューションは、決済から企業セキュリティ、さらにモノのインターネットまで、現代生活の中心に据えられています。当社は人々、取引、オブジェクトの認証を行い、データを暗号化し、ソフトウェアに価値を生み出します。これにより、当社のお客様は何十億もの人々やモノにセキュアなデジタルサービスを提供することができます。

当社は世界48ヶ国に112の事業所、43の発行センターおよびデータセンター、30の研究所およびソフトウェア開発拠点を構え、1万5千人以上の従業員を擁しています。

さらに詳しい情報は www.gemalto.com を参照いただくか、Twitterで @gemalto をフォローしてください。

本プレスリリースの文言は翻訳されたもので、いかなる場合も公式版とはみなされないこととします。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンである英語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ジェムアルト 報道関係者からのお問い合わせ先:

Philippe Benitez
南北アメリカ
+1 512 257 3869
philippe.benitez@gemalto.com

Kristel Teyras
欧州、中東、アフリカ
+33 1 55 01 57 89
kristel.teyras@gemalto.com

鈴木信太郎
アジア
+65 6317 8266
shintaro.suzuki@gemalto.com

Vivian Liang
大中華圏
+86 1059373046
vivian.liang@gemalto.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。