logo

TBWA HAKUHODO 栗林和明がAdvertising Age「40 under 40」に選出されました

TBWA HAKUHODO 2017年03月21日 15時10分
From Digital PR Platform


米国で最も権威ある広告・マーケティング誌のひとつであるAdvertising Ageの「40 under 40」(注目すべき40歳未満の40人)に、TBWA HAKUHODOの「バズマシーン」こと、栗林和明が選ばれ、3月20日発行の同誌およびWebサイト(adage.com)で発表されました。

Advertising Age「40 under 40」は、メディアやマーケティング業界で活躍した40歳未満の候補者の中から同誌の編集者が40人を選ぶ企画で、現在29歳の栗林が、今年はアジアからただ一人選出されました。

栗林和明は、TBWA HAKUHODOでデジタルマーケティングを専門とする部門「デジタルアーツネットワーク」に所属するプラナーで、自ら名付けた「バズマシーン」としてソーシャルメディアを中心とするマーケティングのプラニングを担当しています。モニタリングツールを駆使して、年間で3万本を超える動画を分析、あらゆるウェブ動画に汎用的に活用できるナレッジ「バズのツボ」を開発し、その理論を活用することで、数々のバズ動画を創出してきました。同時に、業界メディアでの執筆、カンファレンスイベント登壇、セミナー講師などを通じて独自の知見を積極的に共有しています。

<栗林和明プロフィール>
1987年に生まれ、2011年に博報堂入社。2014年よりTBWA HAKUHODO勤務。担当作品はカンヌライオンズ Gold、Spikes Asia Grand Prix、釜山国際広告賞(AD STARS)Grand Prix、BOVAオンライン動画コンテスト Grand Prix、メディア芸術祭審査員特別賞、ACC Gold、広告電通賞最優秀賞などを受賞。Campaign Asia-Pacific’s Young Achiever of the Year 2016、日本広告業協会(JAAA)のクリエイター・オブ・ザ・イヤー2016メダリスト。



<TBWA HAKUHODO(TBWA博報堂)について> 
リンク 

2006年に博報堂60%、TBWAワールドワイド40%出資のジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社です。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」をベースにした博報堂のクリエイティブ力や研究開発力、博報堂グループのネットワークを活用した質の高いメディアサービス、プロモーションサービスと、TBWA がグローバル市場で駆使してきた「DISRUPTION(R)(創造的破壊)」メソッドを中心とした独自のノウハウを融合させた、質の高いソリューションを創造しクライアントに提供することで、クライアントのビジネスの成長に貢献しています。

TBWA HAKUHODOは、設立後10年間で急速な成長を続け、「International Agency of the Year」(『Advertising Age』2012年受賞)、「Agency Head of the Year」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジア部門2011年受賞、日本部門2013、14、15年受賞)、「Creative Agency of the Year」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジアのサブ・リージョナル部門2010、11年、日本部門2012、13、14、15、16年連続受賞、「Digital Agency of the Year」日本部門2016年)など数々の広告賞を受賞しています。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事