logo

空気の看板「大ぴちょんくん」が誕生から1年 、この1年間の大阪の空気感を発表

ダイキン工業株式会社 2017年03月16日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月16日

ダイキン工業株式会社

空気の看板「大ぴちょんくん」が誕生から1年
1年間の大阪の空気感を発表
生誕1周年記念、「ぴちょんくんLINEスタンプ」第二弾を発売

ダイキン工業株式会社は、2016年3月16日に大阪・梅田に設置した空気の看板「大ぴちょんくん」が、誕生から1年を迎えることを記念して、これまで9色の“空気(きゅう)色(しょく)ぴちょんくん”と「うるうる」や「じりじり」といった擬音語を使って発信し続けてきた1年間の空気感の統計を発表します。また、生誕1周年を記念して、2017年3月16日より“空気(きゅう)色(しょく)ぴちょんくん”のデザインも採用した「ぴちょんくんLINEスタンプ」第二弾の販売を開始します。

当社は、暮らしに欠かすことができない空気に、より関心を持ってもらいたいとの思いから、見えない空気の状態を可視化し、空気の快適性を分かりやすく判定する基準として、『ダイキン空気感インフォメーション』を2016年に開発しました。
その実用化に向けた第一弾として、「大ぴちょんくん」を通して、大阪の空気感を、9色の“空気(きゅう)色(しょく)ぴちょんくん”と、空気を表す擬音語で伝えてきました。
さらに第二弾として、2017年2月9日から3月10日にかけて東京エリアで「大ぴちょんくん」がスマートフォンやパソコン上にバナー広告として登場し、今いる地域の温度、湿度、気象に関する情報を提供しました。

このたび、「大ぴちょんくん」の生誕1周年を記念し、9色の“空気(きゅう)色(しょく)ぴちょんくん”のそれぞれの出現頻度と、春の「花粉」、夏の「熱帯夜」、そして、冬の「乾燥」の注意喚起の頻度から、この1年間の大阪・梅田がどのような空気感であったのかを紹介します。
1年間の大阪の空気を温度と湿度を軸に見てみると、湿度が高い日が約半分(46.7%)を占めており、“大阪・梅田は湿気の多い状態”であったことが分かりました。特に、6月と9月は温度と湿度がともに高く、屋内外で熱中症の注意が必要でした。一方で、4月と10月、12月は温度と湿度のバランスがよく、快適な日が多かったようです。また、7月から8月の間は、ほとんどの期間で熱帯夜が続き、2016年の夏は、大阪の暑さが厳しかったことがうかがえました。

「大ぴちょんくん」は、引き続き、季節に応じたその時々の気になる空気の情報を「花粉ぴちょんくん」などの分かりやすい表現でお伝えしていきます。

当社は、これからも空気の専門家として、これまで以上に多くの方に、空気環境への関心を持っていただけるよう、空気に関するさまざまな情報を発信していきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。