logo

ダウのEnhanced Expanded Polyethylene Foamにリンジャー・テクノロジー・イノベーション賞

Dow 2017年03月15日 14時38分
From 共同通信PRワイヤー

ダウのEnhanced Expanded Polyethylene Foamにリンジャー・テクノロジー・イノベーション賞

AsiaNet 67806(0382)

【上海2017年3月14日PR Newswire=共同通信JBN】ダウ・ケミカル・カンパニー(Dow Chemical Company)(NYSE: DOW)の事業部門の1つDow Packaging and Specialty Plastics (P&SP)が、同社の特許取得の製品Enhanced Expanded Polyethylene (EPE) foamにより権威あるRingier Technology Innovation Awards - Plastics Industry 2017(2017年リンジャー・テクノロジー・イノベーション賞-プラスチック部門)を受賞した。同賞は、消費者フレンドリーで環境面での持続可能性に配慮した優れた顧客経験を提供するイノベーションと卓越性を表彰する。

パッケージング素材のグローバルリーダーであるダウは、急速に発展するeコマース(電子商取引)部門、特に活発な中国市場をサポートすることにコミットしている。同社は集中的な研究・開発に基づき、このエキサイティングな市場のニーズに対応する一連の高性能、高品質のパッケージング・ソリューションを開発してきた。ダウの革新的なEPEテクノロジーは、市場と顧客について深く理解しているグローバルリーダーによる特別仕立てのソリューションの完璧な見本である。

Ringier Technology Award委員会はその授賞理由の中で「ダウのEnhanced Expanded Polyethylene (EPE)テクノロジーは、市場の期待に応え、業界の新たなベンチマークを設定する革新的なソリューションである。この新しいソリューションは、傑出した性能、カスタマイズ可能な属性、製品の安全性およびeコマース商品としての配送の便利性を大きく向上させる実用的な特性を提供している。このことは、ロジスティクス関連のロスを少なからず削減するとともに、より持続可能な製造慣行に貢献することを意味している」と述べた。

この革新的なEPEソリューションと最先端のLDPE/LLDPEテクノロジーは、単位パッケージングの原材料の消費を10-15%削減し、パッケージング素材の厚さと重さを削減する。また、原材料および輸送のコストを削減し、エネルギー消費を低下させることにより環境にも有益である。

この強化されたEPEソリューションは、パッケージングに必要な層の数を従来の5-6から3-4に削減する。また、従来の標準EPE樹脂に比べ、20%強い強度を提供、引き裂き強度ではほとんど2倍の強度となる。強化EPEソリューションはジャックフルーツ(パラミツ)やドリアンのような物のパッケージングにも利用可能であり、乳幼児製品やプレイマットなどのデリケートな衛生用品にも適している。

ダウの新しい進歩したEPEソリューションは、Pack Studios Shanghaiによって開発された重要プロジェクトで、パッケージング素材と設備に関する最良の知識と技能を利用して、新しい改善された持続可能なソリューションを迅速に商用化する努力の一環だった。

Dow Packaging & Specialty Plasticアジア太平洋部門のマーク・サウリン商業担当副社長は「ダウのイノベーション探求は、中国のパッケージング業界の成長とその増大するニーズに歩調を合わせており、そのバリューチェーンにおける市場プレーヤーたちと長年にわたり連携することにコミットしてきた。われわれは業界のパートナーと協力してより革新的なソリューションの開発を続ける方針であり、業界全体が競争力強化と性能向上の利益を受けることになる。よりスマートで、高性能で、環境にやさしいパッケージング・ソリューションを開発する当社の努力は、廃棄物を減らし、コストを最小化し、顧客に優れた提案を提供することに集中することになろう」と語った。

ダウの受賞したロジスティクス・eコマース・パッケージング・ソリューションは、2017年5月16-19日に中国の広州市で開催される中国輸出入商品交易会(広州交易会)の際に、アジア最大のプラスチックとラバー展示会であるChinaplas 2017で発表、展示される予定。ダウのブースは10.2G41(Hall 10.2)。

ソース:Dow

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事