logo

日立産機システムがグローバルオペレーションの設計・開発プロセスを標準化するためにArasを選択

産業機器メーカーに、柔軟なプラットフォーム、効率的なデータ統合、カスタマイズのしやすさを提供

エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、株式会社日立産機システム(以下日立産機システム)が、同社の幅広い製品ポートフォリオにおける図面、データ、設計および製造プロセス管理を標準化するためにAras Innovatorを選択したことを発表しました。導入はArasの認定パートナーである日立システムズ社がサポートし、日本、タイおよび中国の主要生産工場でのエンジニアリングデータ管理、ワークフロー管理のプロセスを標準化していくことになります。

日立産機システムが特に注目したのは、Aras Innovatorの複数の言語および拠点への対応が容易だった点です。Aras Innovator導入によって、同社は受注生産プロセスの改善、変更管理オペレーションの効率化、製品開発管理の標準化を実現する予定です。

日立産機システムのAras導入決定のポイント:

・別々の場所にある情報を単一のプラットフォームで管理・相互接続
・製品ライフサイクルの段階に応じて、構造化されたBOMを容易に作成・管理
・強化されたEBOM/MBOMの同期機能により、設計から製造、サービスまで領域をまたがる変更ステータスをよりわかりやすく可視化

「日立産機システムのように幅広い製品ポートフォリオを持つグローバル企業の多くが、製品が複雑化するなかで複数の生産拠点で一貫性のあるデータ管理をしなければならないという課題に直面しています。」と、Aras CEOのPeter Schroerは述べています。「Aras Innovatorを使って部品やBOMのリリースと変更プロセスに対応できるようデータ構造とワークフローを効果的に統合することで、同社はこれらの複雑なプロセスの標準化や連動がしやすくなります。」

【日立産機システムについて】
株式会社日立産機システムは、産業用モータ、空気圧縮機、産業用インクジェットプリンタ、変圧器などの産業機器の設計、製造、販売、保守・サービスを提供しています。リンク

【日立システムズについて】
株式会社日立システムズは、システムの導入コンサルティングから設計・構築、運用、保守に至るまで、 ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供し、お客さまのビジネスの成長をサポートしています。なかでも、クラウド技術、業務システム構築、アウトソーシング、システム運用・保守、IT環境構築を強みとしています。
リンク

【Arasについて】
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォーム技術は世界の大手企業に採用されており、Business of Engineering(ものづくりビジネス全体の効率化)を実現するための機能として必要なアプリケーションも完備しています。Airbus、GE、GM、日立、ホンダ、川崎重工業、モトローラ、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては ウェブサイト リンク、Facebook リンク、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。