logo

シゴト交流サイト「Wantedly」がシンガポールで正式にサービス提供開始

海外展開を見据えiOSアプリ「Wantedly Visit」の英語版をリリース



[画像1: リンク ]

 シゴト交流サイト「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、2017年3月2日(木)より、初の海外進出として正式にシンガポールでのサービス提供を開始し、今後の展開も見据え、企業訪問サービス「Wantedly Visit」の英語版iOSアプリを同日にリリースすることをお知らせします。







シンガポール進出の背景



 
[画像2: リンク ]

 ウォンテッドリーは日本発のビジネスSNSとして、2012年2月にシゴト交流サイト「Wantedly」を公式リリースし、国内では5年あまりで利用企業社数2万社、月間利用ユーザー数150万人が利用するサービスに成長しています。




 日本での実績を受け、ウォンテッドリーはアジアでの展開を2014年より意識し、現地調査を開始しておりました。アジアの中でも大きな経済力を持つシンガポールに注目し、2016年9月より一部の企業に対しサービスのα版を提供したところ、実際に採用にいたるケースもあったことから、2016年11月に子会社を設立いたしました。現在、4人のメンバーを現地で採用し、本日2017年3月2日に、シンガポールにて正式なサービス提供開始を記念したパーティーを開催いたします。また、本日より、ウォンテッドリー初の海外展開となる、シンガポールでの活動を本格化し、シンガポールNo.1のビジネスSNSを目指してまいります。







「Wantedly Visit」の英語版について



 
 シゴト交流サイト「Wantedly」は月間150万人が利用しており、そのうち半数がスマートフォンからサービスを利用しています。2014年に「Wantedly」のアプリをリリースし、昨年11月にリブランディングを行なった際にアプリの名前を「Wantedly Visit」に改名いたしました。
 今回、シンガポールでの正式なサービス提供開始に合わせ、海外ユーザー向けに「Wantedly Visit」iOSアプリの英語版をリリースいたします。英語版のアプリでは国ごとに募集を検索することができ、アプリを利用する国で最も利用されるソーシャルグラフに比重を最適化しています。

[画像3: リンク ]






今後の展望




 ウォンテッドリーは日本国内だけではなく、全てのビジネスパーソンのコミュニケーションプラットフォームになることを目指し、今後はシンガポールのみならず他のアジア諸国も視野に入れ、海外展開を進めてまいります。





ウォンテッドリー株式会社について



 
 ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドル人をふやす』を企業理念に、ビジネスSNSを軸としたサービスを展開しています。シゴト交流サイト「Wantedly」は、2012年2月の公式リリースから現在まで利用企業社数2万社、月間利用ユーザー数150万人を超え、全てのビジネスパーソンにとって様々な出会いを提供するプラットフォームを目指しています。

<会社概要>



会社名  : ウォンテッドリー株式会社
URL   : リンク
本社所在地: 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
代表取締役: 仲 暁子
設立   : 2010年9月
事業概要 : 月間120万人が利用するビジネスパーソン向けのシゴト交流サイト「Wantedly」
       ビジネスチャット「Wantedly Chat」
もっとつながる名刺管理「Wantedly People」
企業、個人がセルフブランディングするためのブログメディア「Wantedly Feed」
社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」
すべてのクリエーターのためのポートロフォリオサイト「Wantedly Case」
ビジネス用ニュースアプリ「栞(Wantedly News)」

















プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。