logo

APNパートナーアワードにて年間を通じて最も高い実績をあげたパートナーとしてcloudpackが『APN Partner of the Year 2016』を受賞

アイレット株式会社 2017年03月01日 10時00分
From PR TIMES

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(クラウドパック、運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平)は、2017年2月28日、AWSのパートナーネットワークに登録している企業が参加した「AWS Partner Summit 2017」の中で、数あるアワードの中で最も実績をあげたパートナーであることを示す『APN Partner of the Year 2016』を受賞しました。cloudpackは、同賞を3年連続で受賞したことになります。



[画像: リンク ]


『APN Partner of the Year』は、AWSが年間を通じて営業・技術・マーケティング分野においてパートナーとしての総合力を判断し、AWSのビジネスに最も貢献したパートナーに贈られるものです。cloudpackは、5年連続でプレミアコンサルティングパートナーとして認定されているほか、多数の顧客事例の公開、積極的なマーケティング活動などを通じて、メディア、エンターテイメント、スタートアップ企業のみならず、企業や教育機関の全システムクラウド移行を手掛けた実績、また、AWS新サービスを積極的に採用して成功させる一方で、エンタープライズ案件も推進してきた結果、著しくAWSビジネスの拡大に貢献したことが評価されました。

APN パートナーアワード 2016では以下の5部門の表彰が行われました。

APN Partner of the Year 2016
APN Rising Star of the Year 2016
APN Reference of the Year 2016
APN Cloud Architecture of the Year 2016
APN Cloud Business of the Year 2016


cloudpackは『APN Partner of the Year 2016』の受賞に恥じないよう、今後もAWSを用いたインフラ設計、移行、構築を支援するプロフェッショナルサービス企業として、また、お客様のAWS利用における強力なサポーターおよびアドバイザーとして、スキルの継続的な向上ならびにサービスの品質向上に手を緩めることなく、真撃に取り組んでまいります。

【cloudpackについて】

cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後5年連続で認定されています(※2)。

運営会名:アイレット株式会社 リンク
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発・保守事業、
サーバーハウジング・ホスティング事業

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。
(※2)日本初の5年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。

Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、AWS Direct ConnectおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事