logo

遠隔でも本当に参列した感覚を得られる”OriHimeブライダルサービス”正式リリース

株式会社オリィ研究所 2017年02月22日 10時00分
From PR TIMES

フルサポート付きのOriHimeブライダルサービスが2/22に正式にサービス開始

株式会社オリィ研究所(本社 東京都三鷹市、代表取締役 吉藤健太朗)は、距離的な理由や、身体的な理由で結婚式に参加できない方や、その方をご招待したい新郎新婦に対して、分身ロボットで式に参加を可能にする”OriHimeブライダルサービス”を開始した。



株式会社オリィ研究所(本社 東京都三鷹市、代表取締役 吉藤健太朗)は、距離的な理由や、身体的な理由で結婚式に参加できない方や、その方をご招待したい新郎新婦に対して、分身ロボットで式に参加を可能にする”OriHimeブライダルサービス”を開始した。

OriHimeはカメラ・マイク・スピーカーを内蔵するロボットで、インターネットを通して遠隔操作が可能だ。
OriHimeブライダルサービスでは、式を欠席せざるを得なかった方がOriHimeの操作者となって、iPadやPCなどでOriHimeの見る視界を自由に動かして、リアルタイムで周囲の人とおしゃべりをしたり、「拍手」から「なんでやねん」まで様々なジェスチャーを使い新郎新婦にお祝いの感情を表現することができる。
また、写真機能でOriHimeの見ている映像を写真に残し、参加した思い出を作ることもできる。

[画像: リンク ]


今までは問い合わせいただき、OriHimeのレンタルなどの形で個別対応をしていたが、問い合わせを多くいただくようになってきたため、正式なサービス化をした運びだ。

利用例としては、新郎新婦の祖母が山口県にお住まいで、遠方が理由で結婚式に参加ができないため、OriHimeで式に参加したケースや、新郎の大親友がアメリカから東京の式に参加したり、新婦が急遽入院したためOriHimeで式に参加した事例もある。

OriHimeブライダルサービスは、OriHimeの式場への設置や当日のサポート、操作する方へのiPadの貸与や事前操作体験、式場との交渉などをすべてサポートするフルサポートプランで、披露宴のみの場合10万円+税、結婚式と披露宴の場合14万円+税で提供される。

詳細、申込みは下記URLから。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事