logo

パシフィックビジネスコンサルティング、Microsoft Azureとの連携を強化したMicrosoft Dynamics NAV 2017を五か国語で販売開始


2017年2月20日
報道関係者各位
株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

パシフィックビジネスコンサルティング、Microsoft Azureとの連携を
強化したMicrosoft Dynamics NAV 2017を五か国語で販売開始
~ Azure Machine Learningとの連携により、クラウドベースの予測分析機能を搭載 ~

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(本社:品川区、代表取締役社長:小林 敏樹、以下PBC)は、マイクロソフトの中堅・中小企業(SMB)向け主力ERPパッケージMicrosoft Dynamics NAVの最新版「Microsoft Dynamics NAV 2017(以下、Dynamics NAV 2017)」の日本版、中国版、香港版、タイ版、ベトナム版を2017年4月より販売開始することを発表します。同製品は、マイクロソフトが昨年10月にリリースしたDynamics NAV 2017(英語版)に、PBCが五ヵ国の商習慣に合わせた機能を追加し、各国の言語にローカライズして提供するものです。

Dynamics NAV 2017は、Azure Machine Learning(機械学習)との連携により、クラウドベースの予測分析機能を搭載したことが大きな特長です。これまで、担当者の勘と経験に頼って遂行されてきた売上/販売や在庫、資金繰りなどの予測業務がシステム化されるため、ユーザーは企画や意思決定などの業務に注力できるようになります。

<Dynamics NAV 2017の特長>
Dynamics NAV 2017は、Microsoft Dynamics製品シリーズのキーワードとなる「生産性(Productivity)」+「業務プロセス(Business Process)」をベースに、製品改良が継続されています。

・Azure Machine Learningとの連携による予測分析
Microsoft の機械学習の開発基盤(Cortana Intelligence Suite)に含まれるAzure Machine Learningを活用し、様々な業務の予測や分析が可能となりました。ユーザーは機械学習の専門知識なしに直感的で容易な操作で実行し、業務の最適化に役立てることができます。

・システム間の垣根を取り払い、スムーズな業務遂行をサポート
Outlookの中でDynamics NAV2017の画面を起動し、顧客の与信情報の参照や、見積書・受注伝票の作成と送付が可能となりました。また、マイクロソフトのレポーティングツールであるPower BIをDynamics NAV 2017の画面内に埋め込み、分析画面として活用するなど、システムを切り替えず、一連の業務を遂行できるようになります。

・誰もがアプリケーションの開発者になれるERP
コーディング不要でユーザー自らがモバイルアプリを開発できるMicrosoft Power Appsや、システム間のデータ接続を直感的に設定できるMicrosoft Flowと連携しました。プログラマーかノンプログラマーかを問わず開発に参加できる環境を提供しています。さらにMicrosoft Dynamics NAVでは今後Visual Studio Codeへの対応や、Webブラウザ上から、新たに表示したいデータフィールドをその場で定義してドラッグ&ドロップで項目を追加できるページデザインモードの追加も予定されており、Dynamics NAV 2017でも順次対応していきます。

またPBCでは、Azure Web AppsやAzure Bot Serviceを利用したLINEを始めとするコミュニケーションアプリとの連携や、予測精度をさらに高めたデータ生成ソリューションなど、Cortana Intelligence SuiteおよびAzure Machine Learningを活用したさまざまな開発に着手していきます。併せて、Microsoft Biztalk Server、Azure Service Busなどを活用し、Microsoft Dynamics NAVとSAP ERPやOracle ERP、Dynamics 365 for Operations、Microsoft Dynamics AX 2012 R3といった他システムとの連携基盤の構築を進めており、今夏より提供を開始する予定です。

PBCは2001年より、Microsoft Dynamics NAV/AXのコンサルティング・導入・サポートを通じて、日系企業の海外展開を支援する先駆け企業として成長してきました。近年、東南アジアが大きな経済圏とし成長を期待され注目を浴びていることを受けて昨年にはタイに現地法人を設立、Microsoft Dynamics NAVのタイ版・ベトナム版をリリースしました。PBCは、タイ・ベトナムをはじめとする東南アジア諸国に進出する自動車関連製造業、製薬業・医薬関連業、組立製造業、食料品加工製造業といった日系の製造企業を主要ターゲットとし、Dynamics NAV 2017を訴求していきます。また、同社で実績のある製造・小売・貿易・保守メンテナンス・カーディーラーの各業種に特化したソリューションを、Microsoft Azure上で利用できるサービスとして順次提供していきます。

<Dynamics NAVについて>
Dynamics NAVは1984年の製品発売以来、中堅・中小企業向けERPソリューションとしてその地位をグローバル市場にて確立してきました。シンプルなデザインでありながらも高い機能性を備えていることから、スピーディなスモールスタートが可能で、必要に応じて稼動後に拡張できることが特長です。現時点で165の国や地域で販売、約3,500社のパートナー企業が提供しており、導入実績は全世界で12万社以上に上っています。

<提供方法>
導入プロジェクトの中でシステムを構築

<販売方法>
PBC直販 および 代理店販売

<価格>
・言語
日本語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、タイ語、ベトナム語モジュール 各50万円

・日本版
日本対応機能(Essentials Version) 50万円
日本対応機能(Extended Version)150万円
・中国版
中国対応機能(Essentials Version)50万円
中国対応機能(Extended Version)150万円
・香港版
香港対応機能(Essentials Version)20万円
・タイ版
タイ対応機能(Essentials Version)100万円
・ベトナム版
ベトナム対応機能(Essentials Version)50万円
※ローカライズ機能導入にあたり、別途Microsoft Dynamics NAVのライセンス購入が必要です。

<販売開始日>
2017年4月1日(予定)

【マイクロソフトからのコメント】
Dynamics NAV 2017の日本版、中国版、香港版、タイ版、ベトナム版提供開始にあたり、日本マイクロソフト株式会社およびMicrosoft Corporationより以下のコメントを頂戴しております。

日本マイクロソフト株式会社 Dynamicsビジネス本部 本部長 田村 元氏
日本マイクロソフトは、パシフィックビジネスコンサルティング様によるMicrosoft Dynamics NAV 2017の五カ国語での提供開始を心より歓迎いたします。Dynamics NAVビジネスにおいて長年の実績があり、また各国の商習慣に通じたPBC様による各国のローカライズ版提供が、日本の中堅・中小企業 (SMB) の国内事業と海外進出を推進する支えとなると確信しています。またPBC様では従来からのDynamics NAVとOffice 365の連携にとどまらず、Cortana Intelligence Suite / Azure Machine LearningやAzureを基盤とし様々なシステムとの連携を推進されており、これからも一層お客様にとって魅力のあるソリューションをお届けいただく事と期待しております。

Microsoft Corporation Dynamics 365担当ゼネラルマネージャー Marko Perisic氏
PBCは、Microsoft Dynamics NAVのアジア圏の言語機能において、長年マイクロソフトと共に取り組んできました。特に日本語や中国語(簡体字/繁体字)のテストに熱心で、我々Microsoft Dynamics NAV開発チームとも密に連携しています。その努力の賜物として、今回も質の高いDynamics NAV 2017 日本版、中国版、香港版、タイ版、ベトナム版のリリースを実現しました。あらゆるデバイスとフォームファクタからのアクセスを可能にするDynamics 2017は、゛In Office 365゛ ゛On Azure゛ ゛With Dynamics CRM゛ ゛Plus Power BI゛をキーワードに設計されており、PBCにとっては、インテリジェントクラウドを実現するために欠かせないソリューションとなるでしょう。

Microsoft Corporation Microsoft Dynamics NAV 担当テクニカルエバンジェリスト Freddy Kristiansen氏
PBCによる「Microsoft Dynamics NAV 2017」アジア向け五ヵ国版の提供開始をお祝いします。PBCとマイクロソフトの開発チームは長年にわたり共に歩んできました。そのことからも、PBCはアジア地域における最も経験豊富なトップベンダーの1社であると断言できます。Dynamics NAV 2017は、”Any! Development” “Any! App” “Any! Platform”という開発テーマのもと、素晴らしい連携機能を備えることができました。今後、Cortana Intelligence Suiteを搭載したインテリジェントクラウドERPとして、PBCのローカライゼーションとともに、ますますアジア市場にマーケットを拡大していくことでしょう。

【株式会社パシフィックビジネスコンサルティングについて】
パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は、1993年に設立、近年はMicrosoft AzureやOffice 365、Microsoft Dynamics製品をトータルで提案しており、Microsoft Dynamicsについては現在国内外で300サイトほどの導入実績と、100名超の導入体制を有しています。2001年度よりMicrosoft Dynamics NAVの導入及びコンサルティングを開始した日本で最も古いDynamicsソリューションベンダーです。以来、多くの導入プロジェクトを手掛けるとともに、同製品の日本版・中国版・香港・タイ・ベトナム版及び各種業種別ソリューション(製造・小売・貿易・保守メンテナンス業向け)を市場に提供してきました。Microsoft Dynamics AX(旧称Axapta)については、2004年に独自に日本語化を実施し、他社に先駆け日本国内への導入を実行しました。昨今エンタープライズ企業の導入を手掛ける機会が増えており、2010年以来、5年連続でMicrosoft Dynamicsのグローバルアワードを獲得しています。また、「PIPOL」「AXPact」というMicrosoft Dynamics AX/NAV/CRMを取り扱う世界最大規模のグローバルネットワークの日本代表としても活動しており、国内の導入はもとより、バイリンガルコンサルタントによる日系企業のグローバル展開、および外資系企業のアジアパシフィック領域への導入プロジェクト支援を強みとしています。

本リリースに関するお問い合わせ:

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング 広報担当 瀬戸谷、水野
TEL: 03-5796-7053 FAX: 03-5796-7059 Email: Dynamics@pbc.co.jp

Microsoft DynamicsはMicrosoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。その他本文記載の会社名及び製品名は、それぞれ各社の商標、登録商標またはサービスマークです。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。